日本の経済学者「韓国を日本なしでG7に入れてもいい」

野口悠紀夫:「韓国と日本の経済危機への対応の違い」
「両国間の一人当たりGDPギャップは20年で2倍になる可能性がある」

▲住宅バブルが崩壊した1991年から2010年まで続いた景気後退は、日本が「20年の損失」に見舞われた。 2006年6月、日本列島が沈没していた災害映画「日本沈没」の宣伝スローガンを掲げて建物を通り過ぎた男も、不況を思い浮かべることができます。
AP =聯合ニュース

「G7代表のアジアの国を日本から韓国に変えるべきだと言って、韓国の優位性を示す指標を指し示すとき、日本は何に反応するだろうか?」

日本の有力な経済学者は、韓国と日本は1990年代の経済危機への対応に根本的な違いがあり、これが日本を「信じられないほど悪化した状態」に導いたと診断した。 彼は、日本がG7からの撤退を心配しなければならないかもしれない段階に達していると不満を述べた。

財務省(現財務省)の経済学者であり、ひとつばし国立大学の名誉教授である野口悠紀夫(81)は、日本最大の出版社である講談社が発行したビジネス誌「源大ビジネス」に、「日本は20年で経済的に成長するでしょう。 韓国によるオーバーラン:なぜそれは嘆かわしいのですか?」

彼は「韓国はすでに様々な指標で日本を上回っている」と保証して書き始めた。

「1990年代後半の経済危機に陥ったという点では、日本と韓国は同じでしたが、それに対応する上で、日本は韓国に大きく遅れをとっていました。 韓国では、大学の安定性を高め、英語の知識を向上させることで、大学の競争力を高めました。 (しかし)日本人は何もしませんでした。 結果は今見ることができます “。

野口教授は、さまざまな国際統計やランキングを発表し、「韓国は日本よりも繁栄している国になりつつある」と評価した。

経済協力開発機構(OECD)によると、2020年の平均賃金は日本で38,515ドル、韓国で41.60ドルで、韓国がトップに立っています。 スイスの国際経営開発研究所(IMD)が最近発表した全国競争力ランキングでは、韓国が23位、日本が31位にランクされています。 2020年現在、電子政府(UN)ランキングでは、韓国が2位、日本が14位です。

韓国では、サムスンエレクトロニクスが時価総額で世界最大の企業100社の中で14位にランクされましたが、日本で最も高いトヨタ自動車は36位にすぎませんでした。 時価総額自体も6月末に2倍になり、それぞれ4,799億ドルと2,444億ドルになりました。

野口教授は「韓国は2019年からすでに5G(第5世代)移動通信を商品化しているが、昨年秋に5G電話を購入したのに、いつこのサービスが利用できるようになるかさえ予測できない」と語った。

特に、「一人当たりGDP」の変化は暗いと不満を漏らした。 2020年現在、一人当たりGDPは日本で41.46ドル、韓国で31.496ドルであり、日本では依然として高い水準にあります。 しかし、日本は停滞しており、2000年以降の20年間で1.02倍にとどまっている。一方、韓国では同期間に2.56倍に増加している。 その結果、2000年には日本のGDPの31%に過ぎなかった韓国の一人当たりGDPは、現在78%に縮小しています。

韓国には、世界のトップ100大学のうち6つ(英国の格付け機関であるQSに基づく)があり、日本よりも多い(5)。 野口教授は、日本の人口が韓国の2倍以上であることを考えると、実際の差は韓国の2倍以上であると推定しました。 TOEFLの平均スコア(iBT)も、韓国がアジア29カ国中11位であるため、英語が公用語である香港と同様ですが、日本は27位でリストの最下位にあります。

野口悠紀夫は一橋大学名誉教授です。 オンラインダイヤモンドウェブサイト

▲一橋大学名誉教授野口悠雄。 オンラインダイヤモンドウェブサイト

野口教授は、「このため、日本が韓国に追い抜かれただけでなく、時が経つにつれ、両国の格差は広がるだろう」と述べた。 彼は、これまで同じ傾向が繰り返された場合、日本の一人当たりGDPは20年間で41,143ドルになり、韓国のGDPは88,894ドルになり、その差はほぼ2倍になると予測しました。

「1980年代後半、日本企業は世界最大の時価総額を支配しました。 それはアメリカの会社の上にありました。 日本は世界一であり、韓国企業に影はありませんでした。 しかし、それはバブルによるものであり、バブルが崩壊した後は何も残っていません。」

野口教授は、日本の痛ましい失敗は、バブル崩壊後の経済を是正するための努力の欠如であると指摘した。

「米国は情報技術(IT)革命を通じてニューエコノミーを達成し、中国は驚異的な発展を遂げ、韓国は競争力を高めましたが、日本は繰り返し停滞しています。」

彼は、日本が今日のようにG7のメンバーであり続けることができるのではないかと懸念を表明した。 1986年に創設されたG7は、世界経済を牽引する「先進国のクラブ」という性格を持っていますが、現在、G7のメンバーとしての日本の適性について論争があったとしても、それは避けられません。避けられない。

野口教授は「日本人はそのような状況で過去を振り返り、現在を変えようとしているのだろうか」と問いかけた。

「 『救いの神』がどこからともなく現れる方法はありません。 現在の状況を変えるには、日本人だけが努力する必要があります。 日本人は今起きてはいけませんか?」

キム・テギュン、スタッフレポーターwindsea@unicorn.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。