日本の防衛ガイドラインに代わる新しい文書が秘密指定計画の一部として登場

北朝鮮、中国、ロシアと同様の状況を考えると…米国の国防戦略としての私的レビュー
日本は敵基地を攻撃する能力を持つことを検討しています…セキュリティ戦略の検証は困難になります

共同通信は1日、日本政府が防衛ガイドラインである「防衛計画概要」に代わる新たな文書を作成し、その一部を秘密に指定していると報じた。

報告書によると、中国、ロシア、北朝鮮に関連する同様の状況に対処するために、特定の作戦を含む秘密文書を作成する必要があるという主張の中で、このような計画が注目されています。 何人かの日本政府当局者は言った。

これは、主に秘密に分類されている米国国防戦略(NDS)を模倣したイニシアチブです。

NDSは原則として非公開であり、その内容の一部は要約版として開示されています。

「NDSのようなドキュメントは不可欠です。

中国、ロシア、北朝鮮に対する具体的な対抗策は、洗練され、外交当局と防衛当局の間で共有される必要がある」と彼は説明した。

"日本の防衛ガイドラインに代わる新しい文書が秘密指定計画の一部として登場"

日本は現在、防衛ガイドラインを開示しているが、特定秘密保護法に基づいて新たな文書が作成され、特定秘密に指定された場合、重要な情報が長期間開示されることはない。

未公開文書を作成することについての議論は、日本政府が安全保障と外国の専門家と行った非公開のヒアリングの間に提起され、自民党は正式に日本政府にそれを要求した。

今年2月7日、参加者の一人が「尖閣諸島、中華名<釣り魚島)や台湾を取り巻く戦闘方法を民間に設定したほうがいいのではないかと、機密文書を求めた。国防戦略?」

"日本の防衛ガイドラインに代わる新しい文書が秘密指定計画の一部として登場"

5日前に開かれた公聴会では、「国家安全保障戦略の目的をすべて盛り込んだ秘密版を作成することが望ましい」という意見が出た。

自民党は先月27日に岸田文雄首相に提出された提案で、「脅威に対する防衛戦略に焦点を当てた文書を作成すべきだ」と述べ、防衛概要を廃止した。

NDSの日本語版が公開されない場合、日本の安全保障戦略の検証は困難になると予想されます。

日本政府は、自力でミサイル攻撃を阻止するとし、敵の領土外から攻撃する敵基地を攻撃する能力を持っているかどうかを検討している。

"日本の防衛ガイドラインに代わる新しい文書が秘密指定計画の一部として登場"

この結論は、中期的な防衛計画、国家安全保障戦略、軍再編計画防衛など、今年後半に完成することを目指して検討中の3種類の安全保障関連文書に反映されることが期待されている。 。

敵の基地を攻撃する能力を持っていることが、日本が敗北後数十年にわたって維持してきた「オールインワン防衛」の原則と両立するかどうかは疑わしい。

論争を避けるために、自民党は名前を「反撃能力」に限定しました。

総防御とは、力で攻撃された場合にのみ防御力を使用するという原則であり、力を行使する方法は、自己防衛に必要な最小限の範囲に制限されます。

共同通信は、「国民のコンセンサス形成に欠かせない外交・安全保障政策を、公的から部分的に変更することが合理的かどうかと、効果的かどうかのバランスを検討する責任がある。ない。。」

/ユンハプニュース

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。