日本の韓流ファンの子供たちによるK-POP消費の時代…最もホットなジャンルになりました

「プロデューサー101」の日本語版のINIグループ、ラポーネのゼネラルマネージャー、チャン・ヒョクジン
INIは「K-popDNA」で差別化戦略に成功…「驚くべき成長」

「K-POPDNA」を使って日本の音楽市場、特にうるさいことで有名な男性アイドルの分野で大当たりした地元のグループがあります。

主人公は、韓国のCJENMと日本の大手エンターテインメントエージェンシーである吉本興業の合弁会社「LAPONE」に所属するグループであるINIです。

INIは、数年前に韓国でセンセーションを巻き起こした有名なオーディションプログラム「プロデュース101」の日本語版の第2シーズンに制作されたグループで、日本人10人と中国語1人で構成されています。

昨年11月にデビューシングル「A」をリリースし、第1週だけで50万枚を売り上げ、今月20日にリリースされたセカンドシングル「I」は、第1週で58万枚以上を記録し、オリコンチャートチャート。

『プロデュース101ジャパン』のシーズン1からINIだけでなくJO1も企画している 『ラポーネ』のCOO、チャン・ヒョクジンが第1回聯合ニュースとのインタビューで、「パフォーマンス面では非常に包括的だ」と語った。 「K-POPDNA」を組み合わせたパフォーマンスの面で。「ソードダンス」で他の日本のヒップホップジャンルグループと音楽的に差別化した。彼は成功の秘訣を強調した。

チャンCOOは「日本のK-POPファンに親しまれている『プロデュース101』の日本語版でリリースされたので、最初から目覚ましいファンダムでデビューできた。バラードに合わせて踊る。」

INIは、Wanna OneやIZoneなどの有名なK-popスターを育ててきた経験を持つ、CJ ENMの音楽コンテンツ本部のノウハウを積極的に活用していますが、厳密に言えば、K-popグループではありません。

これは、メンバー全員が韓国人ではなく、日本では日本語で歌っているからです。

INIにも関連する質問があると、彼らは自分たちの音楽が「INI-Pop、K-PopでもJ-Popでもない」と答えます。

「釜山港に戻って」ヒットしたチョー・ヨンピルから、東方神起、防弾少年団、防弾少年団まで、ここ数十年のK-POPエージェンシーの日本市場への参入は、韓国でのアーティストの完成度である。アルバムをローカルでリリースします。

しかし、JO1とINIは、韓国のノウハウと日本のエンターテインメント業界のネットワークを組み合わせた新しい形の市場参入であるため、それらのアイデンティティはやや曖昧になっています。

「INIは世界市場で最もホットな音楽ジャンルを演じるアイドルグループです」とCOOのチャンは言いました。 「彼は強調した。

「プロデュース101」の日本語版が最初に放映されたとき、多くの関係者がいました。

すでに完璧に近づいている韓国のインターンとは異なり、日本版のアーティストはダンスと歌のスキルが不足しています。

COOのチャンもこの時点で認めてうなずいた。

プロデューサーの観点から、彼はこの部分について心配していると言い、ショーを見ました。

彼は次のように述べています。「放送が進むにつれて、これらの友人は本当に驚くべき速度で成長しました。

これを見て、ハードワークの大切さを実感しました」。

"日本の韓流ファンの子供たちによるK-POP消費の時代...最もホットなジャンルになりました"

BoAが日本で大成功を収めてから20年が経ちましたが、日本はまだ注目すべき市場です。

アルバム、音楽ソース、ショーの年間市場規模は6.5兆から7兆ウォンで、米国に次いで世界で2番目に大きい。

「韓国でアイドルグループを育成し、デビューさせ、成長させるには多くの投資が必要です。そのため、世界市場を認識する必要があります」と、COOのチャン氏は述べています。 「日本の市場の大きさは韓国の音楽会社にとって魅力的です。」

彼は、「 『ラ・ポーネ』のような合弁事業が日本に参入する可能性が高い」と予測した。 「K-POPDNAがあるという事実は、K-POPファンがそれを受け入れることを可能にし、それが地元のグループであるという事実は、私がそれを行うことができるので、日本の主流市場からのアイドルファンも引き付けます」と彼は説明しました。

実際、INIファンの年齢は10歳から20歳の間で約70%です。

これらはK-POPとデジタル文化に精通している世代です。つまり、ファンダムには既存のK-POPファンがたくさんいます。

現在、K-POPに関係なく、INI自体が好きなファンもいると噂されています。

近年、韓国と日本の関係は冷え込んでいますが、K-POPの流行は日本で強くなっています。

JO1やINI、防弾少年団、NCT、TWICEなどのK-POPファンが揺らぐことがなかった理由を尋ねられたとき、答えは「韓流のファンダムの世代交代」でした。

チャン最高執行責任者は、「日韓関係が文化ビジネスに大きな影響を与えないのは、コンテンツを楽しむ世代が若いからだ。政治と政治を別々に考えている」と分析した。

「母と娘は韓流の演劇を見るのに慣れており、話題がドラマからK-POPに移るにつれて、たくさんの母と娘が一緒にコンサートを楽しんでいるのを見ることができる」と彼は付け加えた。

彼がメンバーである「ラポーネ」も韓国式の研修生制度を運営している。

JO1とINIの成功により、予想以上に多くの志願者がオーディションの扉をノックしていると言われています。

COOのチャン氏は、「コロナ19の余波で、海を越えて韓国の代理店に参加するのは難しいので、K-POPのような音楽を作る私たちの会社に参加したい理由はたくさんあります」と指摘しました。

INIの韓国での事業計画について、「最初の目標は、日本の酒類市場で確固たる地位を確立することであり、次に世界市場で確固たる地位を確立することです」と述べた。

/ユンハプニュース

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。