日本の首相は、採用の問題について「韓国からの適切な対応に対する強い要求」を繰り返している

日本の岸田文雄首相は、韓国の裁判所が入隊した犠牲者の補償を決定するなど、日韓紛争の主要な問題に関連して韓国政府主導の問題を解決することを繰り返し主張してきました。

岸田首相は、17日午後に開かれた国会開会式での政権政策に関する演説で、韓国を「重要な隣国」と表現し、「適切な対応を強く要求する」と述べた。韓国に対する日本の一貫した姿勢。

岸田首相が述べた韓国の「適切な対応」は、1965年に調印された日韓苦情協定と2015年の韓国の外相と日本による「慰めの女性協定」で完全に解決された。日本の植民地時代の徴兵の犠牲者と日本軍の慰めの女性の。 したがって、これを認めないという韓国の裁判所の決定は国際法違反であり、韓国政府は司法判断を是正するための措置を講じるべきであると主張されている。

岸田首相は、就任直後の昨年10月8日の臨時国会で、同じ目的を演説で表明した。

岸田首相は、日本人にメッセージを送る2回の議会演説で、韓国政府の責任として未解決の問題を解決することを繰り返し主張したので、日本政府は問題を解決するための努力を惜しまないので、二国間関係は改善され、困難な段階が続くでしょう。

北朝鮮の誘拐問題で「これが最も重要な任務だ」と述べ、拉致被害者全員を出身国に早期に返還するために、金正恩大統領と無条件で直接会う意向を再確認した。 。

同時に、2002年9月の平壌首脳会談後に北朝鮮の金正日総書記と小泉純一郎首相が発表した平壌宣言に基づき、誘拐、核兵器、ミサイル、そして不幸な過去の解決、両国間の外交関係の正常化。私たちは、目標を目指しているという以前の立場を繰り返し確認してきました。

岸田首相は、北朝鮮の弾道ミサイル発射の繰り返しは「絶対に受け入れられない」と述べ、北朝鮮のミサイル技術の劇的な改善は見逃せないと述べた。

ミサイル問題と国の急速な変化に対応して、中期的には国家安全保障戦略、防衛計画、国防軍再編計画を含む3つの重要な戦略文書を検討すると述べた。軍事バランス。

この過程で、いわゆる「敵基地攻撃能力」を含むすべての選択肢を排除するのではなく、現実的に修正し、スピード感を持って防御を根本的に強化する計画を表明した。

岸田首相は、日本の外交と安全の柱である日米同盟の抑止力と対応力をさらに強化するために、ジョー・バイデン米大統領と早期会談を行い、「現実的な外交を現実に直面する新時代」。

二人の指導者は21日にビデオ会議を開催します。

今年9月に外交関係樹立50周年を迎える中国との関係については、「主張すべきことを主張し、責任ある行動を強く要求する」と述べた。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。