日本は今年後半に「デジタル通貨」テストをリリースする予定です…NTTを含む70社が参加しました

法人事業への取り組み…実用性の検証
3つの大手銀行を含む約70社が参加しました
来年4月のフェーズ2検証…民間経済の検証
来年6月までに完了する韓国のフライトシミュレーション

日本は今年後半に「デジタル通貨」のテストとデモンストレーションを開始します。 会社の企業環境に接続して、実際のお金に使用できるかどうかを確認します。 韓国などが「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の導入を検討している一方で、日本も急いで市場に参入している。

日本経済新聞は24日、日本の大手金融機関が参加する「デジタル通貨フォーラム」が年内にデジタル通貨証明の発行を開始すると報じた。 銀行預金を基本資産として使用し、デジタル通貨を発行して、会社間送金または大規模な支払いに適用できるかどうかを判断します。

フォーラムには、三井住友信託銀行、三井住友信託銀行、郵便局銀行などの金融機関、NTTグループ、JR東日本、三菱商事の3大銀行が参加します。

日本経済新聞によると、今年までに、会社間協定、電力取引、現地通貨など、地域レベルでのデモンストレーションを開始する予定です。 銀行預金に基づくデジタル通貨を発行することで、信用力を高め、共通の決済インフラを構築し、より便利な利用環境を構築する計画です。 例えば、電力取引の実証実験では、売電で受け取ったお金をデジタル通貨に置き換えて、スムーズに支払いができるかどうかをテストする予定です。

<ⓒBanca immagini Getty>

日本経済新聞は、デジタル通貨は将来、国内企業のビジネスに役立つと予測しています。 一方、SuicaやPASMOなどの電子マネーは日本でも広く流通していますが、そのほとんどが個人ユーザーによる小売店での小額決済に利用されています。 また、原則として、借方に記入した後、一定の金額を引き出すことができないのも不便です。

日本経済新聞は、「電子マネーよりも無料の入出金ができるデジタル通貨の方が使いやすい。もちろん、送金手数料が下がる可能性もある」と語った。

現在、世界の主要国は、中央銀行が発行するCBDCの導入を推進しているか、研究を加速しています。 日本銀行は、CBDCの具体的な発行計画をまだ策定していません。 ただし、来年4月からは実証実験の第2段階が予定されています。 これは、デジタル通貨交換の検証とプライベート決済システムとの相互作用に焦点を当てています。

また、韓国では8月に、韓国銀行がCBDCの発行、配布、償還、その場での支払いなどの基本機能のシミュレーションを開始しました。 彼は来年6月までに実験を完了し、韓国の環境に適したCBDCモデルを提示する予定です。

ユン・ヒソクpioneer@etnews.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。