日本は健康保険財政を安定させ、大病院の集中を防ぐ

写真=銀行ゲッティイメージズ。

[메디게이트뉴스 하경대 기자] 日本は、健康保険の財政を安定させ、大規模な病院の集中を防ぐために大規模な改革を開始しました。

日本は2021年の健康保険法をはじめとする主要法の改正に成功し、2022年から本格化を迎えようとしている。「改革政策」に基づく社会保障構造の再編を目指している。そして、すべての世代が安心できるように、すべての世代に対応する社会保障制度を構築します。

日本では、少子高齢化による人口動態の変化により、健康保険給付は高齢者を中心に、現役世代を中心に、労働年齢層への負担が増大しています。 その結果、高齢者の医療費の自己負担率を調整することをめぐる論争は、毎年日本でホットポテトとなっています。

日本政府は、75歳以上の高齢者の医療費の自己負担率を10%から20%に引き上げることで、健康保険の負担を年間8000億円(約8兆2,810億円)削減できると見込んでいる。 。 日本の年間平均医療費は約43兆円で、そのうち40%近く(16兆円)が高齢者の医療費に使われています。 75歳以上の一人当たりの年間医療費は約91万円と推定されています。

韓国も同様の問題を抱えています。 韓国の医療制度の問題点は、最近の高齢者人口の増加により医療費が上昇し、大病院の集中により医療提供体制が歪んでいることである。 最終的に、これは健康保険財政の健康を脅かします。 日本の判例からどのような教訓を引き出すことができますか?

 

日本の請求書は、健康保険法の改正により、2022年に発効する予定です。 写真=日本の健康保険政策の最近の傾向、韓国健康社会研究所。

収入の増加高齢者医療参加の30%が20%に増加

そもそも、日本の法改正の具体的な傾向を見ると、最も顕著な改革は「後期の高齢者医療制度の自主的貢献」である。

昨年12月31日に韓国保健社会研究所が発表した「日本の健康保険政策の最近の動向」によると、現在の日本の高齢者医療制度では、給与の50%が中央政府によって助成されている。政府と地方自治体、40%は現役世代であり、最終段階の補助金の10%は相互に支え合っているため、若い世代は必然的に保険料を負担します。

さらに、2022年以降、少子高齢化によりベビーブーム世代が後期高齢者に転嫁された場合、後期高齢者への補助金の増加は避けられないと考えられる。

これを受けて、日本では、この法律の改正により、第2段階の高齢者医療の利用可能率は、現役所得のある高齢者以外の10%であり、28万円になります。以上(最大所得の30%)または年収200万円以上が20%に引き上げられました。

特に、これらの措置により必要な医療サービスが受けられない死角を回避するために、20%の増額の影響を大きく受ける外来診療所については、自己負担額の増加をできるだけ抑える計画である。導入後3年間は月額3,000円。

地域の健康保険の財政的安定化による医療費と保険料の増加の抑制…プライマリケア機能の強化

「地域の保健システムの働きを強化する」ことにも注意を払う価値があります。 地方健康保険財政安定化基金は、地方健康保険財政運営の安定化を促進するために47県(地方自治体)に設立された基金です。

この財政安定基金の柔軟性を強化することで、日本は黒字が発生したときにそれを蓄積し、医療費の増加に伴う保険料の上昇を抑制します。 また、保険料を平準化するため、必要に応じて、積立金を県内の特別地域健康保険口座に組み入れる予定です。

国民健康保険局の報告書で、江北支部長のキム・ドフン氏は、「地域の健康保険料の水準を決める必要があったとしても、県は安定した財政運営と効率的な運営を推進していく」と述べた。県内の基本的な地方自治体の地方健康保険事業の大規模なものでした。私はそれを行うことができました」と彼は説明しました。

プライマリケア機能も強化されます。 大病院への患者さんの集中を防ぎ、いつでもカカリツケという患者さんが住んでいる地域で、患者さんの体調の相談や検査が受けやすい診療所の医師の役割を強化する計画です。

患者さんは、近くのカカリツケ医師となる医療機関で定期診療を受け、必要に応じて紹介を受け、自分の状態に合った別の医療機関で治療を受けた後、最寄りの主要医療機関に戻ります。

円滑に機能するためには、大病院で外来診療を行う際に、紹介状のない患者が定額で負担する制度の導入が期待されている。 現在、1回目は2,500円、2回目は2,500円です。

キム知事は、「医事法の改正に伴い、地域の事情に応じて医療資源を中心に利用する外来医療機関のうち、汎用病床数を200以上に拡大することを決定した。大病院での治療医療依頼書を受け取らなくても、定額以上の追加支払いが必要な施設になります。

大病院の集中を抑えるためのインセンティブを強化するなど、国内の現実に適応する医療政策が必要である

もしそうなら、韓国は日本の変化する事件からどのような教訓を引き出すことができますか? 韓国でも、最近の急速な高齢化と経済成長の鈍化により、医療財政が急速に悪化しています。

また、文在寅などの保護強化策も財政悪化の一因となっている。 国会予算局が推計した国会の朴ヒョンス議員(人民権力)企画財政委員会の「2021-2030月間健康保険給与支出見通し」の分析によると、 2017年の保険税支出は55.5兆ウォンでしたが、2030年には3倍の160.5兆ウォンになりました。


専門家は、どの政府が政権を握ろうとも、健康保険への融資の問題が将来最大の問題になるだろうと予測した。 特に、国ごとに国制度や医療制度が異なるため、外国の事件を無条件に平等に受け入れるのではなく、韓国の現実に合った健康保険財政を安定させる政策が必要であることが示唆されている。

延世大学予防医学部のチャン・ソンイン教授は、「どの政府が政権を握ろうとも、現在の財政問題は最もホットな問題である。健康保険の資金調達の健全性は最も差し迫った問題の一つである。重要な問題は将来的に解決する必要があります。「状況に応じて詳細を調整することが重要です。 しかし、健康保険財政の安定化、大病院の集中抑制、一次医療機関の強化という日本の政治的方向性には賛成です。」

具体的な方法については、チャン・ソンイン教授が、大病院に焦点を当て、一次医療機関を強化するためのさまざまな対策を段階的に検討し、健康保険の財政収支を徹底的に管理する必要があると指摘した。

チャン教授は、「将来、経済人口が減少するにつれて、健康保険の資金調達の収入と支出の両方を管理しなければならない。現在、コロナ19の現在の状況では医療利用が減少している。」別の方法はサービスや産業などの分野を活性化する」と述べた。

「現在、大病院の密集を防ぐための診断依頼が正式に提出されている。罰則は重要だが、将来的にはインセンティブを与えることで制度を改善すべきだ」と述べた。現在の二次および三次医療機関の保護者の役割を強調できる方向にさらに強化される」。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。