日本は韓国でハンセン家族の補償を開始します…なぜ慰安婦と強制労働なのですか?


[앵커]

「パラダイスへの旅」

ハンセン病患者のカン・ソンボンは、小鹿島更生園を楽園と表現した。

天国とは、楽園ではなく、謙虚な国を意味します。

それは、日本の植民地時代のハンセン病のためだけにソロック島で孤立することを余儀なくされたため、一生差別と汚名の生活を余儀なくされたカンの父の世代の窮状に例えられています。

被害者の家族は日本政府から補償を受けました。

日本政府が3年前にハンセン家族補償法を制定した後、これは日本の植民地時代の過去の歴史に責任を負う最初の戦後の補償です。

遅ればせながらの判断ですが、慰安婦や強制労働の被害者への補償など、他の歴史的問題に影響を与えるかどうかに注意が払われています。

特派員のイ・ジウン。

[리포트]

小鹿島更生園は「天国の罰」の地と呼ばれています。

日本の植民地支配の結果、約6,000人のハンセン人が島に追放され、監禁と強制労働にさらされました。

ソロック島で一緒に隔離された家族は分離されなければなりませんでした。

カン・ソンボンは8歳の時に母親と一緒にソロク島に行った。

私が孤児院にいる間、私は月に一度だけ母に会うことができました。

間に道がありました。

[강선봉/한센인 가족 : “한 시간 울다가 끝난 거지. 그런 거는 기억도 하기 싫고 그 아픈 상처…”]

「ミガマ」は、ハンセンの子供たちを指すために使用される用語です。

まだ感染していない、この名前は別の汚名でした。

[강선봉/한센인 가족 : “밟은 자의 흔적은 있지만 밟힌 사람이 흔적이 뭐가 있겠어요? 아프기는 아팠고 당하긴 당했는데 흔적이 없어.”]

日本政府は、韓国のハンセン家への補償に対する国の責任を認め、昨年末に損害賠償を支払うことを決定した。

対象となる10人に最大180万円(約17百万ウォン)が支払われる。

残りの120名の応募者も審査中です。

日本が過去に損害賠償法を制定することは珍しいと推定されています。

しかし、日本政府は、ハンセン人と慰安婦の問題と強制労働は別だと言って一線を画している。

日本の裁判所は、犠牲者を支持するハンセン人を人権問題として扱い、慰安婦と強制労働に関する問題は政治的問題として異なって扱われるという解釈です。

[조영선/한센가족보상청구변호단 단장 : “‘(일본 정부 태도가) 이율배반적이다’라고 표현할 수는 있을 것 같습니다. 다른 강제징용이나 징병 문제에서도 이러한 사례를 또 적용할 수 있지 않겠는가.”]

この補償には、韓国と日本の弁護士の協力が重要な役割を果たしました。

過去のさまざまな問題に対する「政府間」の解決策がめったに見られない状況では、民間部門の交流や協力が成功した事例としても見られます。

KBSニュースのイ・ジウンです。

撮影監督:パク・チャンゴル/ビデオ編集:ウェイ・カンヘ/グラフィック:ノ・ギョンイル


■レポート
▷カカオトーク:「KBSレポート」を検索
▷Tel:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースウェブサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。