日本企業の記録的な純利益の30%… ‘米国、中国、円安のおかげで’











世界的な景気回復の中で急成長する輸出
円のおかげで本の収益は改善しました

日本企業の記録的な純利益の30%... '米国、中国、円安のおかげで'

昨年10月、日本の東京港にあるコンテナドック。 AP通信

[Tokyo = Corrispondente Cho Eun-hyo]昨年、日本大手企業の約30%が過去最高の純利益を記録しました。 これは、米国や中国などの大国の景気回復に円安の影響を加えた結果であると分析されています。

日本経済新聞17社によると、昨年4月から12月にかけて日本大手企業の約30.2%(620社)が過去最高の純利益を記録した(韓国の第3四半期の累計実績に相当)。 昨年の需給危機による減産に直面し、大手自動車メーカー3社(トヨタ、日産、ホンダ)は好調に推移し、トヨタは売上高、営業利益、純利益で過去最高を記録した。

日本の国内経済回復よりも海外要因の方が重要でした。 米国や中国の景気回復が急速に進む中、日本の輸出活動も加速していると言えます。 自動車、半導体、貿易、化学産業の業績は目覚ましいものでした。 輸出経済と相まって、為替レートも重要でした。 円安の場合、ドル取引利益を円に換算すると利益が増える効果があります。 トヨタの場合、円高が1ドル1円下がると、営業利益は年間400億円増加します。 昨年4月から12月までの期間(第3四半期と第4四半期に累積)では、円の平均値は昨年の同時期よりも1ドルあたり約5円低くなりました。

一方、原材料を輸入する企業は比較的苦戦していることがわかった。 実際、大蔵省が同日発表した1月の貿易統計では、エネルギー輸入の増加により、日本は1月に史上2番目に大きな貿易赤字を記録した。 1月の輸出は前年同月比9.6%増の6.332兆円(65.82兆ウォン)、輸入は前年同月比39.6%増の8.52兆円(88.6兆ウォン)となった。

ehcho@fnnews.com特派員JoEun-hyo








Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。