日本茨城県ゴルフがオンラインビジネスコンサルティングを無事に完了-日本観光ニュース-日本観光新聞


日本の首都圏の北東部に位置し、首都圏の代表的なゴルフ観光地として有名な茨城県は、全国ゴルフ業界向けに「茨城県2022年ゴルフビジネス諮問会議」を開催しました。 3月16日にソウルにある韓国のホテルで、韓国のゴルフツアーを誘致するために本格的な動きをしました

このカンファレンスは、114のゴルフコースを持つ茨城県のゴルフインフラストラクチャを紹介するセミナーであり、オンラインビデオ会議システムを介して韓国と茨城県を接続し、事前に新製品を作成することを目的としています。コロナウイルスの後に段階的に再開すると同時に、製品を直接作成するためのビジネス会議が開催されました。

会議は▲PGM石岡ゴルフクラブジャックニクラウスゴルフコース▲スパ&ゴルフリゾートくじ▲韓国人観光客をくじがわコースに誘致するボボスカントリークラブ)▲マナゴルフのイバラキ県にある4つのゴルフコースに参加EL Tour、Tour 2000、Travel Shinhwa Entour、Miso Tour Businessなど、韓国のプロゴルフ旅行代理店の関係者とクラブおよび詳細な製品構成の交渉が行われています。

会議に出席したトラベル神話エンツアーのカン・チャンシク最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。 韓国のゴルフツアーを誘致する地元のゴルフ場がたくさんあるので、高品質で価格競争力のある商品をご用意していきます。

会議では茨城県のゴルフツアーを活性化するための支援体制も公開され、注目を集めました。

茨城県の宿泊・旅行に必要なバスの運行にかかる費用の半分(上限11万円)を補助金で助成します。宿泊してキャンプゴルフを含む4つ以上の観光施設(5つのエリアに2つ以上)を訪れる場合地域)、あなたはサポートを受けることができます。

茨城県国際観光課の小林典子氏は、「補助金制度は2022年4月以降に延長され、施設訪問の必要性を緩和し、補助金の額を調整することで、利益が拡大する」と述べた。

このゴルフビジネスカンファレンスに先立ち、茨城県は2020年11月に茨城県で旅行業界と全国ゴルフメディア向けのオンラインゴルフセミナーを開催し、昨年11月にキンテックスエキシビションセンター1で開催された2021年のトラベルショーに参加しました。 韓国でゴルフの認知度を高めるためのプロモーションを実施する。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。