日本:国際:ニュース:ハンギョレ

日本の防衛、「排除されていない」敵の軍事基地への爆撃
「日本の「完全防衛」論理を維持することは難しい」

陸上自衛隊12式地対艦誘導ミサイル陸上自衛隊提供

日本の岸信夫防衛相は、「北朝鮮などの近隣諸国のミサイル基地を直接攻撃する能力に関して、自衛隊の戦闘機が他国の空域に侵入し、軍事基地を爆撃することを排除するものではない。 。そして中国」と彼は言った。 これは、日本の自衛隊が朝鮮半島で軍事行動をとることができることを意味します。 岸防衛相は16日の衆議院予算委員会で、立憲民主党の長妻昭氏が「日本の戦闘機が爆弾を宇宙に投下するのは選択肢だ。飛行機?」と尋ねた。彼らが自衛の要件を満たしている場合、国?」 私はそうは思わない。岸国防相は「人を守るための適切な手段はなく、最低限必要な技能を行使するなど、自衛権を行使するための要件を満たすための前提条件である」と述べた。 「2020年8月の安倍晋三政権の第2政権で、自民党の政策調整委員会の下に結成されたミサイル防衛検討チームは、「他国の領土内でも弾道ミサイルを阻止する能力を含む、抑止力を改善するための新たな対応がある。 。 「提案された」敵基地攻撃能力の延長である必要がある。「日本政府は、戦略の主な方向性を決定する「国家安全保障戦略」において「敵基地攻撃能力」を持つことを想定している。今年は安全保障計画を実施しており、防衛計画スキームや中期防衛力維持計画のサブコンセプトで使用する装備を具体化する計画を実施している。過去に漠然と答えられてきた「敵基地を攻撃する」。


 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

日本政府は、敵基地を攻撃する能力を確保するための主要な手段として、「12式地対艦誘導ミサイル」の改造に懸命に取り組んでいます。 国防省は、現在の200kmから1,000km以上に、5倍の長さで航続距離を拡大し、1920年代後半までに実戦で配備される戦闘機だけでなく、陸上や船舶にも搭載する予定です。 さらに、国防省は、自衛隊の主力戦闘機であるF-15に導入することがすでに決定されている「拡張範囲空対地ミサイル」(JASSM-ER)を装備する予定です。防衛軍とステルス機能を備えたF-35には、ジョイントストライクミサイル(JSM)が装備されます。 敵の領土から攻撃できる装備はすでにアップグレードされています。 「日本が敵基地を攻撃する能力を持ち、攻撃部隊の一部である限り、日米間の役割分担を維持することは難しい(米軍が攻撃し、自衛隊が防衛である) 、「坂田昌弘元法務大臣は言った。 彼らは「全防衛」(攻撃されたときだけ軍隊を使う)と言い続けますが、維持することは論理的に困難です。「東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。