日本:国際:ニュース:ハンギョレ

LDP「国防費をGDPの2%に増やす」
中国の軍事運動の境界内での「台湾の緊急事態」に備えて軍事的拡大を促進する
「中国と北朝鮮を刺激することで」軍拡競争を0.95%から2倍以上に激化させる可能性

中国を対象とした4カ国安全保障会議に参加した米国、インド、日本、オーストラリアの海軍は、昨年10月、インド洋のベンガル湾のマラバルで合同演習を実施した。 AFP聯合ニュース

日本の自民党は国防予算(国防予算)を国内総生産(GDP)の2%に引き上げ、現在の「国防政策」は中国の東シナ海などでの軍事的脅威であると徹底的に見直すことを約束した。 菅義偉前首相が4月の日米首脳会談後に発表された共同文書で、台湾海峡の平和と安定について52年ぶりに言及したことは、戦う決意の表れと見ることができます。 防衛力を強化することを決定した」と述べた。この決議を一つずつ実施するための具体的な措置を講じる。「自民党の政治銀行」を見ると、12日に発行された自民党の政治的コミットメントのコレクション、台湾海峡を含む東シナ海での中国の継続的な軍事行動により、日本は深刻な「安全保障の不安定」を感じていることが確認できる。自民党は、「中国の急速な軍事拡大、戦覚諸島での急速な軍事活動(中国名ディアオユ諸島)と台湾周辺(日中の領土紛争がある)と急速に活発な軍事活動、権力を背景に一方的に現状を変えようとする試み、北朝鮮の治安環境は進歩により急速に変化している核とミサイルの開発と「戦争方法の変化」 「これは最先端の技術を使用している」と彼は言った。

日本の決定は、元米印太平洋司令官フィリップ・デービッドソンが米国上院で武装したサービス委員会とのヒアリングで述べたとき、米国と中国の間の新しい冷戦の最前線にある東シナ海の厳しさに基づいていたあなたが安全保障の現実について言及したので、中国が6年以内に台湾に侵入する可能性があるという3月。 その後、日本の防衛専門家は衝突し、政府に「台湾で同様の事件(戦争)が発生した場合、日本は第三者になることはできない」と迅速に対応するよう求めた。 その後、自民党の政治調査委員会は5月、「急速に変化する安全保障環境に対応する防衛力の抜本的な強化案」と題する文書を通じて、日本は「防衛関連の支出を大幅に増やす」べきだと発表した。 政策レビュープロジェクトチームは、台湾危機に備えるために「法的なレビューを迅速に完了する」ことを求めました。 今日の自民党の約束は、この要請に忠実であると言えます。 第一に、それは国防費の大規模な拡大です。 日本(2021年版)を見ると、1995年から今年にかけて、中国の防衛費は14倍、韓国は3.9倍、米国は2.7倍に増加したが、日本の増加はわずか1.8倍であった。 国内総生産に対する国防費の比率を比較すると、日本のそれは0.95%であり、米国(3.29%)、中国(1.25%)、韓国、南(2.61%)よりも低い。 自民党の公約は、日本の国防費がNATO加盟国の目標レベルである2%に設定されることを意味します。 二つ目は「防衛政策」の大幅な見直しです。 日本の対外安全保障政策の主要な枠組みである国家安全保障戦略は、東シナ海での中国の軍事行動が現在ほど明確ではなかった2013年12月に策定された。 自衛隊の基盤となる兵器システムを確立するサブコンセプト、一般防衛計画、「中期防衛軍維持計画」が2018年12月に一度改訂された。韓国の計算はより複雑になった日本が武装を強化し始めたとき、平和憲法の制限から事実上逸脱した。 日本の軍拡競争は、中国と北朝鮮を刺激し、この地域ですでに始まっている軍拡競争をさらに推進する可能性があります。 もう一つの問題は「敵の基地を攻撃する能力」です。 自民党はその誓約の中で、「対抗する領土内の弾道ミサイルを阻止する能力を持つことを含め、抑止力を改善するための新たな対応を促進する」と述べた。 これは、北朝鮮などがミサイル攻撃の兆候を示した場合、日本が原産地を標的にする能力を獲得することを意味します。 将来、日本が北朝鮮の挑発に過剰反応した場合、韓国の意向にかかわらず、朝鮮半島で壊滅的な戦争が勃発する可能性がある。東京/キム・ソヨン通信員dandy@hani.co.kr

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。