日本:国際:ニュース:ハンギョレ

安倍晋三首相の辞任発表の放送画面が先月28日、東京・新宿の大型電子画面に映し出されているのを市民が見ている。 東京ニュース/EPA聯合ニュース

先月突然の辞任を発表した安倍晋三首相が残した政治的遺産とは? 正解は思いつかない。 安倍首相は、日本の憲法史上最長の首相としての記録を打ち立てたが、他の長年の日本の首相から明確な「遺産」(遺産)を持たないことで多くの評価を受けている。 池田勇人首相の高度な経済成長、佐藤英作首相の沖縄への帰国、中曽根康弘首相による国鉄の民営化、日本電信電話公社、日本独占公社、日本郵便局による民営化小泉純一郎首相は、政治的遺産はないと述べた。 安倍首相は、「生涯の任務」と呼んだ憲法改正に失敗しただけでなく、「外交の完全和解」として推進したロシアとの平和条約交渉にも失敗した。 「政府の最優先事項」としての日本の拉致問題の解決において。

権力の第2の期間中に、

2012年12月に始まり、7年8ヶ月続いた安倍首相の第二次政権の秘密は、右翼の政治的成果に対する安倍首相の選好が必ずしも生産に固執していなかったという事実にあるかもしれない。 安倍首相は、2006年頃から最年少の首相である52歳で首相に就任した後、基礎教育法の改正などの保守的な政策に注力してきた。 2007年9月10日、国会での演説で「職務を遂行する」と述べたが、2日後の9月12日、突然の辞任を発表し、「政府を倒した」と批判された。 その時、彼の政治的キャリアは終わったとさえ感じました。 2012年12月に首相に復帰した後、政府の経営は徐々に変化した。 第二次政権の初期には、大規模な金融緩和に依存し、日本の日常生活に直結する経済政策に焦点を当てた「アベノミクス」を推進した。 日本の実際の求人率(求職者1人あたりの求人数)は、在職中の2013年4月の0.88から、昨年の2018年3月の1.59に急上昇した。 実質所得の増加がないために経済が回復できないというアベノミクスに対する批判は絶えずありますが、労働市場のブームは安倍政権に対する若者の支持に関連していると多くの分析が述べています。 今年前半までの日本特派員として、自民党の選挙運動を見ていると、憲法改正などのイデオロギー政策の呼びかけが予想を下回ったと感じることが多かった。 昨年7月20日、衆議院選挙の前日、東京・秋葉原の選挙運動に行った時のことです。 マイクを持った安倍首相は、在任中の経済パフォーマンスについて主に語り、憲法改正の動機については、途中で簡単に述べただけだった。 幸いなことに、2017年の衆議院総選挙の前回の集会以来、コメントの数は増えている。当時、安倍首相は「口からは何も言えない。私たちはそれをした」と批判した。民主党の旧体制と彼の声を最大限に高めることは印象的でした。 甘利明氏は、7月15日に東京都銀座で行われた衆議院選挙キャンペーンでマイクを握った自民党キャンペーン本部長で、「インターネット(グーグル)やアマゾンでたくさん買い物をしている。最近は「メイド・イン・ジャパン」はあまりありません。アメリカ、中国、韓国で作られた製品がたくさんあります。」 彼は、日本の有権者の主な利益からかけ離れた憲法改正についてコメントしなかった。 安倍政権は選挙がない2012年後半に政権を握って以来、憲法改正などの思想志向の政策を追求してきたが、選挙期間中は経済政策の推進に注力するパターンを示している。日本の有権者の懸念。 東京大学大学院総合文化研究科(日本政治・比較研究)の内山融教授は、昨年末の安倍首相とのインタビューで、「安倍政権は、(不人気な)政治などを気にしていない。消費税率の引き上げや治安法の採択・改正(集団自衛のため)「選挙がなかったときに行われた」と述べ、安倍政権は問題への対応が非常に得意だ。 「国民の反対を引き起こす可能性のある政策は選挙中に提示されない」と彼は言った。 安倍首相は先月28日に辞任を発表した際、「憲法改正の意志を果たさずに辞任したため、腸が切られているように心が痛む」と遺憾の意を表した。しかし、安倍首相はなんとか日本政治の調整軸をさらに右にシフトさせた。上地大学の国際自由芸術教授の中野浩一は、現代の日本の政治を、タイトルのある本の軸からぶら下がっている振り子と比較した。軸自体は右に動くが、軸に吊るされた振り子が左右に振っても、やがて元の位置ではなく右に動く。現代の日本の政治では、軸自体が何十年も右にずれているので、現在の保守派過去よりも右にシフトする傾向があります。 特に注目されているのは1997年。1995年の村山内閣総括宣言と1997年から1996年にかけて使用されたすべての中学校の教科書で「慰安婦」の問題が報告されたことを受けて、「本格的に始まった。 1993年に初めて国会議員に選出された安倍首相は、少数派の反発ジョッキーとなった。 安倍首相は、第二次政権の際、慰安婦を動員する日本軍の義務を認めた河野宣言を検証していると述べ、実際には河野宣言に「皮を剥がれた」と述べた。 憲法を変更することはできませんが、自衛隊の範囲を拡大するための法的根拠は完成しています。 これは、中国を封じ込めるためにアジアにおける自衛隊の役割を拡大したいと考えていた米国によって支持された。 これに関連して、バラク・オバマ前米大統領は、2016年5月に初めて米国大統領として原爆投下地域である広島を訪れ、同年12月には安倍首相が日本初の真珠首相に就任した。ハワイの港。 週刊紙への最近のインタビューで、日本の上級ジャーナリストである田原総一朗氏は、「(安倍首相)の最初の遺産は治安法の改正である」と述べた。 田原氏は、日米安保条約において日本は米国と対等な立場にあるべきであり、在日米軍の地位に関する合意も変更されるべきであると述べた。

安倍晋三首相の初政権時代、東京の秋葉原駅で開かれた自民党参議院選挙運動の現場で、2007年の辞任のニュースを報じた新聞記事から捨てられた手形を市民が掲げる。最後の7月20日の夜。  <ハンギョレ>データの写真

安倍晋三首相の初政権時代、東京の秋葉原駅で開かれた自民党参議院選挙運動の現場で、2007年の辞任のニュースを報じた新聞記事から捨てられた手形を市民が掲げる。最後の7月20日の夜。 写真ファイル

自由民主党の承認率はまだ圧倒的です

日本特派員としての3年3か月の間、さまざまな会合で「安倍首相、辞任」や「すぐにやめろ」などのスローガンをよく耳にしましたが、安倍首相の辞任の可能性が高いとは思っていませんでした。 安倍首相に近いことで知られる民間機関を日本政府が優遇した疑いである「森友掛学園スキャンダル」により、安倍首相の閣議承認率は2017年と2018年に急落した。 力強い安倍晋三首相も、急速な健康状態の悪化とCOVID-19感染の拡大による政治的打撃により、辞任を余儀なくされた。 しかし、首相を辞任しても、すでに軸が右にずれている日本の政治家が左に戻るのは難しいようだ。 先月12日(NHK)に発表された世論調査では、安倍首相の世論調査によると、安倍内閣の承認率は34%で、2012年に第二政権が発足して以来最低だった。 一方、党の支持率を見ると、自由党の支持率は35.5%であり、最大の野党である立憲民主党の支持率は4.2%に過ぎなかった。 自民党以外の代替案を見つけるのは難しいという気持ちは、今なお深く根付いています。
Jo Ki-won、スタッフレポーターgarden@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。