日本:国際:ニュース:ハンギョレ

日本の菅義偉首相。 東京ニュース/AP聯合ニュース

10歳から20歳までの若者の間で、菅義偉政権への支持率は非常に高かった。 菅政権への支持率は若年層で高く、年齢層が上がるにつれて明らかに低下する傾向が見られた。 これらの結果は、7日に社会調査センターで実施された全国世論調査(1040件の回答)で世代間のギャップを分析した後に得られたと19日に報告された。 調査結果によると、菅政権の承認率は18歳から29歳までで80%で、全体の平均(57%)より23ポイント高かった。 30代の66%、40代の58%、50代の54%、60代の51%、70代の48%、80代以上の45%。 同じことが自由民主党にも当てはまります。 18〜29歳が59%を占め、他の年齢層よりもはるかに高かった。 全体の平均が37%であることを考えると、若者が自民党の承認率を支持していることを意味します。 新聞は、1980年代後半まで、自民党の支持率は若い世代の間で低かったと報じたが、今ではその逆である。 この側面は、現在の問題にも影響します。 菅首相が日本学会の6名の選任を拒否した、いわゆる「ブラックリストの日本語版」については、「問題」と答えた若者(18〜29歳)は17%に過ぎなかった。 これは、「問題がある」と答えた80歳以上の49%とは大きな違いです。 最も改革者とされている若者の間で保守党が積極的に支持されている理由は何ですか。 社会調査研究センター所長の松本正夫氏は、「若い世代を中心に現状を維持する傾向があるようだ」と述べた。 政治的な意味では、それは保全とは異なります」。 関東学院大学社会学部教授の中西新太郎氏は、「良心を調査すると、若い世代は日本の未来が明るいとは思わない。具体的な選択肢がないことも原因として挙げられた。若者の政治参加キャンペーングループであるNOYOUTHNO JAPANの会長である野桃子氏は、「他の政党に期待することがないため、自民党が選ばれたようだ」と述べた。彼らの生活と、将来的には、低肥沃度と高齢化のために悪化するだろうと彼は言った。「政治への期待は他の世代よりも低い。 「支持率が高いからといって、現在の政治に大きな期待を寄せているわけではない」と語った。 特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。