日本:国際:ニュース:ハンギョレ

米国のジョー・バイデン大統領は記者会見を開き、昨年のホワイトハウスで、米国、英国、オーストラリアのオーカスと、ビデオに参加した他の2人の指導者との間に新しい安全保障パートナーシップの創設を発表しました。 左側がオーストラリアのスコット・モリソン首相、右側が英国のボリス・ジョンソン首相。 ワシントン/EPA聯合ニュース

米国、英国、オーストラリアが中国に軍事的に圧力をかけるために創設したAUKUSが、日本に参加を要請したと報じられている。 アナリストは、米国の目的は、中国とロシアに遅れをとる極超音速兵器を開発するために日本から技術協力を得ることであると言います。 13日、日本の政府関係者数名を引用し、「米国、英国、オーストラリアは非公式に日本のOcusへの参加を求めている。「日本と協力することで技術の相乗効果を期待しているようだ。」OcusはOcusにちなんで名付けられた。オーストラリア、英国、米国の国々。日本は、中国、ロシア、北朝鮮が販売する超音速兵器に対抗するために、電磁力で高速発射体を発射することによってミサイルを迎撃する「レールガン」を開発しています。 Orcusは、中国の軍事的拡大とインド太平洋地域での影響力の増大を抑制するために、昨年9月に米国を含む3か国が立ち上げた軍事・安全保障同盟であり、当時Orcusを操縦していました。推進力のある潜水艦を持つためにオーストラリアと協力する意向を表明した核。 そして5日、両国首脳は「極超音速ミサイル、極超音速ミサイル対策、電子戦能力に関する新たな三国間協力を開始することを決定した」との共同声明を発表した。 協力の範囲は超音速ミサイルにまで拡大されました。 超音速ミサイルはマッハ5を超える速度(音速の5倍、約6120 km / h)で飛行し、予測できない軌道を持っているため、既存のミサイル防衛システムによる迎撃は困難です。 日本政府内の意見は、ocusの参加に関して分かれていると報告されています。 積極的に参加している人々は、中国に対抗するためには、米国とその同盟国を中心とした安全保障の枠組みが必要であると信じています。 しかし、日本は米国、英国、オーストラリアと二国間協力の枠組みを持っているため、参加する際には真のメリットを慎重に検討する必要があるという議論もあります。 日本は、米国、インド、オーストラリアとともに、中国を統治する協同組合である「クワッド」に参加しているが、このグループは軍事的性格を持たず、名目上、特定の国に反対するつもりはないと述べている。 明白な軍事同盟であるOrcusに参加することは、日中関係を緊張させたであろう。 日本政府は、占領者の参加について「そのような事実はなかった」と否定した。 同日、松野博一内閣官房長官は記者会見で、「報道は承知しているが、米国などが日本にオーカスへの参加を要請したことはない」と述べた。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。