日本:国際:ニュース:ハンギョレ

衛星画像を公開
航空自衛隊「E767」早期警戒機はほぼ同様
「トレーニングの潜在的な仮想ターゲット」

日本経済新聞は20日、中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に自衛隊が運用するE767早期警戒管制システム(AWACS)に類似したモデルを設置したと報じた。 写真右上はモデル、下は航空自衛隊E767です。 日系人を捕まえる

衛星画像分析により、中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に日本の自衛隊の早期警戒管制システム(AWACS)のモデルを設置したことが確認されました。 アナリストは、中国軍がこのモデルをミサイルで自衛隊を攻撃する訓練の「仮想標的」にしたかもしれないと示唆している。 日本は20日、航空自衛隊が所有するE767とほぼ同じように見える飛行機が、撮影した写真の分析中に中国の砂漠地帯に建設された滑走路型の道路で捕獲されたと報告した。米国の衛星画像会社「LabsofthePlanet」。 写真の航空機は、2つのエンジンとディスクレーダーを備えた日本の早期警戒機であるE767とほぼ同じ形状です。 米国のシンクタンクである新アメリカ安全保障センター(CNAS)の専門家を引用して、新聞は「このサイズと形状の2つのエンジンを搭載した唯一の早期警戒機はAirSelfの唯一のE767です。世界。 ” 航空自衛隊が4機所有しているE767は、米国のボーイング社を改造したB767で、「フライングコマンドタワー」と呼ばれています。 彼は、地上からは検出できない距離または低高度から飛んでいるミサイルを監視することにより、友好的な戦闘機を指揮する責任があります。 E767は飛行中に撃墜するのが難しく、地上からの攻撃に対して脆弱であることが知られています。 自衛隊の元司令官である香田洋二氏は、この新聞のインタビューで、中国は「E767を攻撃するためのシミュレーション訓練中にミサイルの衝撃誤差をチェックするために(このモデルを)作ったようだ」と述べた。 このモデルは、「台湾墜落」への日本の武力介入などの軍事「異常事態」が発生したかのように「威嚇」のために作られたものであり、主要機を攻撃する可能性があるという意見もある。 E767。 「習近平大統領は、台湾問題に介入しないように日本に繰り返し促した」と彼は言った。 中国の王毅外相は18日、林芳正外相にも次のように語った。両国間の信頼、それは関係の基礎を揺るがしている。」東京/通信員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。