日本:国際:ニュース:ハンギョレ

岸田が就任して以来の最初の外交プロジェクト
政府は抗議するために日本の総理大臣を韓国に召喚する
韓国との関係は昨年と同じです
「ロシアによる北方領土の不法占領」が再び現れる。

日本人、ソウル庁舎の外務省に参加。 朗報”alt=” 22日、韓国日本大使館事務総長熊谷直樹が 日本人、ソウル庁舎の外務省に参加。 良いニュース”/>

22日、熊谷直子駐韓日本大使館事務局長がソウル庁舎の外務省に入る。 良いニュース

韓国政府は、岸田文雄が首相に就任した後、日本政府が発行した最初の文書で独島が「日本の領土」であるという主張を繰り返して抗議した。 日本は、ロシアと領土問題を抱えている千島列島の南端にある4つの島々について、19年ぶりに「ロシアは不法占領されている」と述べた。 林芳正外相は、22日に開催された内閣会議(韓国国務会議)で、これらの内容を含む2022年版について報告した。また、国際法の観点からも、歴史的事実に照らして」。 昨年と同じ技術。 大韓民国外務省は同日、コメントを発表し、「歴史的、地理的、国際法から明らかな、私たちの領土である独島に対する不当な主権の繰り返しの主張に強く抗議する。外交部アジア太平洋局長のイ・サンリョル氏は、韓国日本大使館の熊谷直樹事務局長を総務省に召喚し、これを建設した。朝。外国人。韓国との関係については、昨年「重要な隣人」と同じ表現を使用した。2018年以降、韓国政府との対立が激化したため、日本は韓国の「重要な隣人」という表現を削除した。日本軍の「慰めの女性」と強制動員の補償の問題が、2020年までに復活しました。しかし、その後も、1965年の日韓クレーム協定により、強制動員補償の問題が「完全かつ最終的に解決」されるなど、既存の日本政府のクレームを強調する技術が継続された。この姿勢はこれと同じであった。今年も、強制労働の犠牲者を補償するという最高裁判所の決定が日本の企業資産の売却を通じて達成されれば、「深刻な状況を引き起こすので避けるべきだ」と彼は書いた。 今年の日本で最も注目すべき変化は、ロシアの技術です。 日本が「ノーザンテリトリー」と呼んでいる千島列島の南端にある4つの島々については、「日本自体の領土であるにもかかわらず、現在ロシアが不法に占領している」と言われています。 「違法占領」という表現は2003年以来初めてであり、「日本の領土」という表現も2011年から11年後に再び現れた。日本政府はロシアがロシアと交渉して最南端の4つの島の返還を求めるような表現を避けてきた。クリル諸島。 ロシアがウクライナに侵攻した後、日本はロシアに対する西側の制裁に積極的に参加した。 日本は、ロシアのウクライナ侵攻を「国際秩序の基盤を揺るがす反乱」と表現した。 中国については、中国の軍事力拡大を「地域と日本を含む国際社会の安全に対する強い懸念」と批判した。 全体的な国際情勢については、「米国は、圧倒的な政治・経済・軍事力で主導権を握った時代から、本格的に米中競争と州間競争の時代に入った」との認識を表明している。彼は日米同盟の強化を主張した。JoKi-won、スタッフレポーターgarden@hani.co.kr

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。