日本:国際:ニュース:ハンギョレ

電磁力を利用した「鉄道砲」の開発
敵の基地などを攻撃する能力を想像してみてください。
今年の「国家安全保障戦略」のレビュー

陸上自衛隊12式地対艦誘導ミサイル陸上自衛隊提供

日本は、台湾での同様の状況など、増大する中国の軍事的脅威に対応して、ミサイル防衛(MD / MD)システムを大幅に改訂する予定です。 電磁力で高速発射体を発射してミサイルを迎撃し、1,000km以上の長距離巡航ミサイルで「敵基地を攻撃する能力」を備えた新しい「レールガン」を開発する計画です。 国防省は「国防省がミサイル防衛を再編している」と述べ、「レールガンや1,000kmの長距離巡航ミサイルの開発など、新システムは2030年までに完成する」と報じた。 。 このコンセプトの中心にあるのは、磁気浮上列車のように電磁力を使用して発射体を発射するレールガン技術です。 火薬ミサイルよりも高速で、連続発射が可能で低コストと言われています。 国防省は、1920年代後半の展開を目指して、今年、65億円(約670億ウォン)の予算を割り当てた。 以前、国防省も2016年に追加予算で試作品を製作するために10億円を費やしました。ミサイルの典型的な速度は1700 m / sですが、レールガンの場合は速度に達したと言われています研究段階で2300m / sの。

日本政府は、中国、ロシア、北朝鮮が販売する極超音速兵器を標的とするレールガンの開発を開始しました。 超音速ミサイルはマッハ5を超える速度(音速の5倍、約6120 km / h)で飛行し、予測できない軌道を持っているため、既存のミサイル防衛システムによる迎撃は困難です。 日本は2003年にMDの導入を正式に決定して以来、イージス船に搭載されたSM-3およびパトリオット(PAC)-3迎撃ミサイルと呼ばれる2層防衛システムを維持してきました。 敵が日本に向けて弾道ミサイルを発射した場合、海上でのSM-3は最初にそれを迎撃しようとし、失敗した場合、愛国者は陸上での最終段階でそれを二次的に防御します。 しかし、中国などが迎撃しにくい新兵器を開発している中、レールガンなどの代替兵器を考え始めています。 しかし、いくつかの国では鉄道用ライフルの研究が行われていますが、実際に配備された例はありません。 米国も昨年、「効果はミサイルとそれほど変わらず、コストも合わない」と述べ、研究を中止した。 これに対し、国防省は、材料産業が強い日本が優位に立つ可能性があると考えています。 日本政府はまた、長さ1,000 kmを超える巡航ミサイルを開発し、航空機、船舶、潜水艦に搭載する計画を進めています。 日本が北朝鮮や中国などの近隣諸国のミサイル基地を直接攻撃する「敵基地攻撃能力」を具現化する装置として使用されるべきである。 MDの新たなイニシアチブは、日本の安全保障戦略の主な方向性を決定する今年後半に改訂される「国家安全保障戦略」に含まれる予定です。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。