日本:国際:ニュース:ハンギョレ

今年の条例の発行の目的
日本政府は再生可能エネルギーグリッドに20兆ウォンを投資している

Hanwha QCELLSソーラー技術を採用した日本家屋。 ハンファQセルズコリア提供

東京都は、一戸建て住宅の屋根にソーラーパネルを設置することを義務付ける条例の制定を推進することを決定しました。 3日、「東京都は、地球温暖化対策のため、ソーラーパネルの設置を義務化する措置を講じる必要があると判断しました。 小池百合子東京都知事は先月7日の市議会本会議で、専門家との協議を経て具体的な計画を発表する予定だ。「新館に設置する太陽光発電所を標準化する。 。温室ガスを出さない東京を作る」と語った。 東京都は、2030年までに2000年に比べて温室効果ガス排出量を半減し、2050年までにゼロエミッションを達成することを目指しています。ガス放出。 今回、東京都が作成している条例の特徴は、住宅を購入する住民にソーラーパネルの設置を義務付けていないが、住宅を提供する起業家に負担をかけていることです。 東京都の担当者は「住宅を建てたり購入したりする人が太陽光発電会社と直接交渉するのは難しい」とのインタビューで語った。東京都は、50の大規模集合住宅にソーラーパネルの設置を義務付ける計画だ。日照条件を考慮すると、新築住宅の85%が引き継がれる。東京都は、今後、義務事項を中小企業に拡大する予定であり、条例が制定されると、東京都のデータによると、東京で毎年建設される43,000戸の住宅の50%にソーラーパネルが設置される予定です。 2019年、東京では、州内の約177万戸の住宅のうち、太陽光発電システムを設置したのはわずか4.7%でした。 この比率を高めるために、東京都は、公立アーカイブ、上野動物園、美術館、浄水場などの州所有施設に太陽エネルギー設備を導入することを決定しました。 一方、日本政府は、大都市に再生可能エネルギーを送るために大容量の送電網を建設することを決定しました。 同日、岸田文雄首相は、6月に発表される「クリーンエネルギー戦略」にこの内容を盛り込むよう命じた。 主な再生可能エネルギーである洋上風力発電機は主に地方に設置されており、このエネルギーを都市に送るために送電網が必要であると判断されました。 そのため、2兆円(約20兆ウォン)の投資と民間参加の誘致を計画している。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。