日本:国際:ニュース:ハンギョレ

日本のプリント
日韓関係に関する日韓関係の見解2
「佐渡みお」問題が悪化

米国のジョー・バイデン大統領と岸田文雄首相は、先月21日の午後10時から約80分間、ビデオで首脳会談を行った。 内閣総理大臣のウェブサイトから保存

米国は、日韓紛争の悪化が続くと北朝鮮への対応が妨げられる可能性があるとして、日本に関係改善を促したと報じられた。 2日、米国務長官のトニー・ブリンカーンと日本の林芳正外相は、北朝鮮のミサイル発射対策について話し合うための電話会議を開いた。 林外相は会見後の記者会見で、「地域情勢について話し合いながら、日韓関係について意見交換を行った」と述べた。 これについて、翌日の3日、日本は、「韓国と日本のミスマッチは、ジョー・バイデン政権の懸念である。韓国と日本の対立が続くならば、北朝鮮はこの機会を利用して、挑発のレベルを上げる」、レポートを読みます。 米国は、北朝鮮の核とミサイルの脅威が拡大するたびに、韓国、米国、日本の3カ国間の緊密な協力を強調した。 北朝鮮は、年初から次々とミサイルを発射することを発表し、核実験の中断と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験発射のモラトリアムを撤回することを検討している。 ご覧のとおり、先月の30日には、日本全土と米国の海外領土であるグアムを攻撃できる中距離弾道ミサイルである火星12が2017年以来4年ぶりに発射されました。 米国の観点から、北朝鮮は、北朝鮮が「二つの面」、ウクライナ危機へのロシアの対応、台湾での中国との紛争にどのように対応するかという状況で、緊急の課題として浮上している。海峡。 その中で、日韓関係は改善するどころか悪化することが見られ、懸念が高まっている。 日韓関係の最悪の状況は、日本軍の「慰安婦」や強制労働の犠牲者などの歴史的問題によって長引いています。 また、日本政府が1月1日の日本占領中に韓国人の大規模な強制動員を受けた新潟県佐渡金山のユネスコ世界遺産への登録を申請したことで紛争は激化しています。 日本のマスコミ報道によると、この雰囲気を認識していると思われる岸田文雄首相は、先月28日、佐渡金山跡を推薦する決定を発表する前に、レイモンド・グリーン米国大使館に事前に説明した。 。 一方、米国の要請により、今月12日、ハワイで韓国、米国、日本の外相との対面会談が検討されているとの報道があった。 会議では北朝鮮への対抗策について話し合うことが期待されている。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。