日本:国際:ニュース:ハンギョレ

今年上半期の日本での対面サミット
「2+2経済版」の設立に関する合意
「防衛費の増加、CPTPPのミスマッチ等負担」日本で懸念

米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相は、21日の午後10時から約80分間、ビデオで首脳会談を開催した。 内閣総理大臣のウェブサイトから保存

日米両国首脳は、「中国の台頭」に直面してこれまで推進してきた軍事協力とともに、経済・安全保障分野での協力を強化することを決定した。 この目的のために、両国は、外相と経済大臣が参加する、いわゆる「2+2経済版会議」を創設することを決定した。 米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相は、21日の午後10時から約80分間、最初のビデオサミットを開催しました。 会談後、外務省は、「両首脳は、経済安全保障の分野で緊密に連帯して取り組むことを確認した。さらに、アドバイザリーを作成することを決定した。閣僚レベルの日米経済政策委員会(経済版2 + 2)であり、両国間の経済協力と相互交流を拡大し、深めることを決定した。 米国政府高官は、半導体などのサプライチェーンの回復力や先端技術の国際基準の設定などの問題は、Economic Edition 2+2で議論されると述べました。 人口14億人の中国は、ビッグデータを使用する人工知能など、いくつかのハイテクセクターで米国と日本を追い抜いています。 両国は、新しい会議機関を通じて中国を支配し、日米を中心としたハイテク分野の技術基準を確立するために協力することが期待されています。 これに関連して、岸田首相はまた、今年初めに米国が発表したインド太平洋経済の枠組みへの米国の関与を歓迎した。 両首脳は、今年前半に日本で「クワッド」サミットを開催することで合意した。これは、米国、日本、インド、オーストラリアの四者諮問委員会である。 また、岸田首相は、2013年に採択された日本の対外安全保障政策の中核となる「国家安全保障戦略」を見直し、「日本の防衛力を大幅に強化する」と述べ、アメリカで提供された「敵基地を攻撃する能力」。 これは、昨年4月のバイデン首相との首脳会談で菅義偉首相が発表した具体的な措置の一つであり、「日本は国の安全をさらに強化するために防衛力を強化する決意である。彼の同盟と地域”。 ホワイトハウスは「バイデン大統領が歓迎の意を表明した」と述べた。 ホワイトハウスは、北朝鮮による最近の4発のミサイル発射に応えて、「朝鮮半島の完全な非核化に向けて韓国と緊密に連携することを約束した」と述べた。 彼らはまた、ロシアの侵略を阻止するためにウクライナと緊密に協力することに合意した。 このサミットを通じて、日米は地域情勢から経済セクターに至るまで幅広い協力関係を確認しましたが、日本国内でも懸念の声が上がりました。 同氏は23日、「先進国の中で最悪の財政状況下で、日本が国防費(国防予算)をどれだけ増やし続けるのか懸念している」と述べた。台湾での同様の状況に備えて、日本の中距離ミサイルの数は、地方政府との調整の困難が避けられない。」 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。