日本:国際:ニュース:ハンギョレ

待ちましょう…自民党の赤字、選挙に向けて「阿部経由」にどんどん近づいていく
石場…安倍首相の最大のライバルは、当選した場合、日韓関係の劇的な改善を期待している
後野…日本一の「中国寒波」だが、今回の紛争で日韓対立を監督
高市…極右の女性政治家が代表に選出される確率は比較的低い

日本の菅義偉首相は、今月下旬に東京の首相官邸で行われる自民党の選挙で大統領に立候補しないことを発表した。 その結果、日本政府は1インチ先が見えない濃い霧に包まれました。 東京ニュース/EPA聯合ニュース

29日に予定されている自民党総裁選挙が、2012年後半から9年間続いている「安倍線」から日本社会が脱却する主要な「岐路」になるという事実に焦点が当てられている。自民党の中で、保守的なイデオロギーに基づいて日米同盟を強化し、中国を抑制している、いわゆる安倍首相は大きく揺らいでいる可能性がある。 菅義偉首相は3日、次の自民党総裁選挙に出馬せず、COVID-19対策に注力すると発表した。 これまでの日本のマスコミ報道によると、岸田文雄前大統領、石破茂前事務総長、河野太郎政権改革大臣、高市早苗前事務総長が就任を発表または準備していることが確認された。 。 日本の憲法史上最長の首相となった安倍晋三元首相は、2012年後半に就任し、昨年9月まで7年8ヶ月間務めた。 1年という短期間で終結した菅政権は、デジタルエージェンシーの設立や脱炭素化の推進など、国内政策をとっていたが、外交政策では、安倍首相の米国強化に積極的に従った。中国をブロックします。 朝鮮半島に関しては、彼は韓国との関係を改善することに非常に消極的であり、北朝鮮に対する既存の「敵対的政策」を和らげていません。 今回の選挙で最も重要な人物は、正祖を最初に発表した正祖前大統領だ。 岸田文雄は、安倍政権下で4年半外相を務め、安倍首相を具体的に支援した。 特に、2015年12月28日の日韓慰安婦協定の日本側であるため、歴史的な問題で韓国との関係を変えようとするコミュニケーションの範囲は狭い。 また、勝利への圧力もあって、6月に「新資本主義を創造するための組合員連盟」を創設し、安倍前首相と麻生太郎副首相を最高顧問に採用した。 先月26日に大統領選を宣言した後、「憲法改正」「敵基地攻撃力」「安倍首相」を支持する発言をしている。 しかし、首相としての十分な時間があれば、自民党の穏健派を代表する岸田派の伝統に沿った合理的な外交政策に転向する可能性がある。 もう一人の有力候補である石場前事務総長は、安倍首相の線を引く代表的な人物と見られている。 安倍前首相と自民党総裁の選挙で二度会ったが、両方を失った。 石場氏は、森友学園問題を含め、安倍前首相のスキャンダルを放送した3a(TBS)放送の3a(TBS)放送に「いいことではないと思う」と出演した。 彼は、日本政治の第一人者として、日韓間の安全保障協力を深めるためには、歴史的問題に対して柔軟な姿勢をとる必要があると考えている。 2019年8月、韓国のGSOMIA(日韓軍事情報保護協定)の終了など、日韓関係が極端に達したとき、彼は次のようにブログに書いています。日本軍は韓国が納得するまで「慰めの女性」について謝罪しなければならず、安国神社には行かないと発表した。

3番目の有力候補である河野太郎政権改革賞は、日本のさまざまな世論調査で次期首相として第1位にランクされています。 党の方針に反して、日本の保守党が反対する「原発放棄」や「天皇」を検討するなど、改革の声が上がっている。 さらに、規制を撤廃し、中央政府の権限を弱めることで、地方や民間ができることを勇気を持って放棄する必要があると思います。 彼は日本の政治で最も冷酷なグループの一人と見なされていますが、韓国と日本が衝突した2018年から2019年まで外相だったため、政権を握っても突然の政策変更は容易ではありません-問題をめぐって。強制労働の犠牲者への補償。 彼女の父親は、慰安婦の動員と軍事介入のプロセスの強制的な性質を認めた彼の「この談話」(1993年)で有名な陽平です。 彼は普段直接話すことを躊躇しない男ですが、おそらく彼は自分自身を救っているという理由で、最近非常に控えめになっています。 高市早苗元事務総長は、しばらくの間、安倍前首相との派閥の一員であった極右政治家と見なされています。 一見、立候補するのは簡単ではないように思われたが、安倍首相の支援を受けて、身代金はわずかに増加した。 3日目の夜、彼は民間テレビ番組に出演し、「首相になっても靖国神社に行く」と意志を表明した。 また、野田聖子事務局長代行と下村博文社長が出馬を目指しているが、これが達成されるかどうかは定かではない。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。