日本:国際:ニュース:ハンギョレ

菅時代の「大切な隣人」の表現を守り続ける
日本の国家安全保障戦略を8年ぶりに改定した
「中国を取り戻すことで会話を続ける」

4日に就任した岸田首相は、8日午後、初演を国会に届ける。東京/聯合ニュース

日本の岸田文雄首相は、国会での最初の演説で、日韓関係に関する日本政府の立場を繰り返すことに限定し、国政の方向性を明らかにした。 日本の衆議院選挙は今月31日に予定されているため、幅広い政治的議題のため、日韓関係の改善は当面困難になると予想されます。 8日午後の国民議会での演説で、4日就任した岸田首相は「韓国は重要な隣国だ」と述べた。 岸田首相が強調する「一貫した姿勢」とは、韓国がまず、日本軍の「慰安婦」や強制労働の犠牲者などの歴史的問題の解決策を見つけなければならないことを意味する。 日本の首相が就任してから最初に行ったスピーチは、彼が将来何をするかを一般に明らかにする場所です。 昨年9月に就任した菅義偉前首相は、同年10月の使命声明で「韓国は非常に重要な隣国だ」と述べた。 菅田前首相は今年1月の国民議会演説で韓国を低水準に引き下げ、「重要な隣人」と表現し、岸田首相もこれを「基本を共有する最も重要な隣人」と表現した。価値観と利益」、「利益を共有する最も重要な隣人」、「最も重要な隣人」、「非常に重要な隣人」、「重要な隣人」。 同日のスピーチで岸田首相は、日本の対外安全保障政策の中核である日本の国家安全保障戦略を8年ぶりに見直すと発表した。 私たちは、人々の生命と財産を断固として保護します。「ミサイル防衛能力や経済安全保障などの防衛能力の強化など、新しい時代の課題に勇気を持って対応します」と語った。 2013年に外務・安全保障政策の塔。当時の岸田首相も外務大臣としてこの仕事に参加し、8年ぶりの改定である。岸田首相は「これが日米同盟である」と繰り返し述べ、中国、同盟国、同盟国を監視している。米国、オーストラリア、インド、ASEAN、欧州​​、米国、日本、オーストラリア、インド「(クワッド)」も活用した「自由で開かれたインド太平洋」を強力に推進していきます。 北朝鮮については、「誘拐問題が最も重要な課題だ。 「私は金正恩大統領に無条件で直接会うつもりだ」と彼は言った。 「日朝の平陽宣言によれば、誘拐、核兵器、ミサイルなどのさまざまな問題を包括的に解決し、日朝関係の正常化をもたらす」と付け加えた。 中国については、岸田首相は「安定した関係を築くことは、両国にとっても、地域社会にとっても重要である」と述べた。 岸田首相もその日、流通志向の経済政策について重要な言及をした。 「成長は分配なしでは達成できない-彼は言った-重要なことは成長と分配の好循環である」。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。