東洋医のチェ・ホソンが障害者用コロナ治療キットを寄贈>ニュース

東洋医学の医師、崔虎星((天安ヤクソン東洋医学クリニック所長)。障害者の日の機会に、彼は障害者のためにコロナ治療ハーブキットを寄付しました。

宛先番号 420障害者の日の記念 420名前で後援された記事は、障害者に対する差別の撤廃のための全国連帯から来ています。城東障害者生活センター障害者のための夜学障害者のための自立生活センターそれは、金浦自立障害者生活センターを通じて支援活動を必要としている障害者に届けられます。

崔博士 「」クラウン19 確認件数が爆発的に増加していることから、障害者住宅施設も確認件数が増加しています。「」どうやって 「」オリエンタルドクターを含む個人、個人およびグループの費用に加えてOkcheondang Hospital Outer Bathなどの支援を受けて、コロナ19 患者のために治療されたハーバリストがサポートするキット「」彼女は言いました

キットはうがい薬の薬草です((黄白色)、 ヒョンゲヨンギョタンガムとガム雙和湯で構成されています。崔博士はヒョンゲヨンギョタンと関係があります 「」コロナ感染の典型的な症状である喉の炎症や痛みを治療する薬、おそらくオミクロン。「」彼女は言いました 「」処方箋の構成を見ると、単純な抗炎症薬を超えて血液や活力、呼吸器系を保護する薬を併用して、症状の治療や後遺症の予防・管理を行っています。「」紹介されたSsanghwa-tangはまた、コロナ治療のための新しい処方が既存の処方に追加されたと付け加えました。

ヒョンゲヨンキョタンは結膜です((結膜)、 鼻孔((鼻孔)、 エージェンシー((気管)。上気道((上気道)。皮膚の炎症を抑える薬草として明治時代の創造((新薬の発見)。日本の伝統的な漢方薬です。肺で増殖する傾向があるデルタウイルスと比較して、オミクロンは鼻や喉などの上気道で増殖する傾向があり、オミクロンから追加の効果が期待できることが知られています。

コロナ治療キットを寄付した理由について、崔博士は次のように述べています。 「」大韓医師協会コロナ19 電話治療受付センターでの治療に参加しましたが、確認された患者さんの症状が改善し、コロナの治療に自信がありました。「」説明

彼がレセプションセンターで治療した患者 「」東洋医学がコロナを超えるとは思っていませんでしたが、症状を改善するのに多くの助けを経験しました。“、”のどの痛みの改善など、オミクロンによる体の回復には漢方薬がとても良いようです。「」 のような反応があったと報告されました

崔博士 「」私たちの社会が、感染症の世界的大流行の中で社会的に不利な立場にある障害者の健康に対する権利にもっと注意を払うことを願っています。「」どうやって 「」東部の医学界は障害者の治療医に深い関心を示しており、東部の医療を利用して障害者の健康を促進する活動は今後さらに活発になると予想されます。「」彼女は言いました

さらに 「」最近では、東洋の診療所で冠状確認を受けた患者さんの治療が可能になったため、一般的な患者さんの治療を終えた後、退院して確認を受けた患者さんの世話をしています。「」どうやって 「」後日、感染症の治療に東洋医学が盛り込まれるのは幸いですが、東洋医学機関の被害補償も体系的に行われる日が来ることを願っています。「」彼は指摘した

崔虎星障害者権利研究所所長は東洋人医師。 13私は1年前に障害者の権利に取り組み始めました。地域の社会福祉センターや障害のある組織彼は一貫して発達障害の人権クリニックで医療活動を行っており、福祉省は全国の保健所を担当する公務員のために障害者治療プロジェクトを訪問する実際の実践についても講義しました。

Hoseong Choi2.jpg

チェ・ホソン4.jpg

Hoseong Choi3.jpg

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。