現代モービスが日本の自動車購入の専門家を募集











日本のローカル市場のターゲティングを強化する

現代モービスが日本の自動車購入の専門家を募集

羽鳥幸弘、支店長。 写真=fnDB

現代モービスが日本の自動車購入の専門家を募集

安達了一副社長。 写真=fnDB

現代モービスは日本の自動車産業の専門家を販売し、地元の顧客に特化した組織を拡大します。 特に、自動運転、コネクティビティ、電動化などの将来の自動車技術における競争力に基づいて、将来のモビリティの分野で移行期にある日本の自動車メーカーを積極的にターゲットにする予定です。

現代モービスは27日、三菱自動車の購買部長である羽鳥幸弘氏とマツダの元バイヤーである安達了一氏を採用したと発表した。 彼らは、最近再編された日本の現代モービス現地拠点の支店長および副社長として、販売および受注獲得活動を担当します。

これらは、日本の自動車および部品メーカーで40年近く設計と購入を担当し、幅広い実務経験とローカルネットワークを開発してきた人々です。 日本の自動車市場の特徴や変化を深く理解し、実務経験を積んでいることで知られています。

現代モービスは今年、日本の自動車メーカーから幹部レベルの専門家を採用し、地元の草の根の技術サポートスタッフを強化することにより、日本の自動車メーカーの注文を本格的に拡大する予定です。 一方、現代モービスは、日本の大手自動車メーカーにランプ、シャーシ、IVI(車両インフォテインメントシステム)製品を供給しています。 既存の主要部品の競争力に基づいて、自動運転、接続性、電動化など、今年は将来の車両の主要部品に受注活動を拡大します。

cynical73@fnnews.comスタッフレポーター、キム・ビョンドク








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。