現代自動車がASEANで「日本車」を凌駕…インドネシア工場の大規模操業











クリティ島の後にサンタフェのような大量生産を計画する
Ioniq5などの電気自動車の生産を開始
インドネシアだけでなく
ASEAN市場をターゲットにするための橋頭堡
電気自動車市場を支配するアクセル

現代自動車は

インドネシアのブカシにあるDeltamas工業団地にある現代自動車の工場の様子。 現代提供

現代自動車は

ヒュンダイアイオニック5

[파이낸셜뉴스] 現代自動車は、インドネシア工場の完成を機に、長い間日本車が独占してきたアセアン市場を攻略する態勢を整えている。 現代自動車はベトナム市場で最初に走ることで際立っていますが、他のASEAN諸国では日本の自動車メーカーが市場を支配しています。 現代自動車は、インドネシアの工場でIoniq 5や内燃機関車などの電気自動車を生産し、ASEAN市場でのシェアを拡大​​する計画。

インドネシアの工場、ASEANをターゲットにするための重要な拠点

現代自動車によると、16日にはインドネシア工場でクレタとIoniq 5電気自動車の生産が開始され、今年後半にはサンタフェと小型多目的車(MPV)もインドネシア工場で生産される。 現代自動車は、現地工場を設立することで、インドネシアとASEANの新市場への道を開くことで、将来の成長に向けたエンジンを確保することを期待しています。

インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムを含むASEAN 5カ国の自動車市場は2025年までに約358万台に達すると見込まれており、その中でもインドネシアはASEAN最大の市場とされている。 現代自動車は、ASEANの包括的な戦略モデルを開発するための独立した組織の事前形成を含め、本社とインドネシアの間で製品開発から量産まで緊密な協力体制を構築しています。 また、オンライン販売プラットフォーム「Click to Buy」を構築するとともに、モール文化を考慮し、主要なショッピングモールに最大10店舗の「シティストア」をオープンしました。

インドネシアを橋頭堡として利用し、ASEAN市場への浸透も加速しています。 ASEAN市場では、関税障壁が高く、完成車のオフショア関税は国ごとに80%に達しているが、ASEAN自由貿易協定(AFTA)によれば、締約国の立地率が2018年から40%を超える場合、関税は-参加国間で無料の特典が付与されます。 これは、インドネシアの工場で生産された車をASEAN諸国に無料で輸出できることを意味します。

特に、韓国とインドネシアは2019年11月に包括的経済パートナーシップ協定(CEPA)に署名しました。 包括的地域経済連携(RCEP)は先月発効しました。 RCEPは、ASEAN10か国と非ASEAN5か国(オーストラリア、中国、日本、韓国、ニュージーランド)を含む15か国が関与する多国間貿易協定です。 現代自動車の関係者は、「AFTA、CEPA、RCEPの効果と新南部政策の結果、主要なパートナーとして浮上しているインドネシアでの完成車の製造と輸出において、より大きな長期的利益を達成した」と説明した。

電気自動車市場を心配するために日本庭園に焦点を当てる

インドネシア自動車工業会によると、トヨタは昨年、インドネシアの市場シェアで296,740台の販売で第1位にランクされました。 続いてダイハツが164,908台、三菱が144,123台、ホンダが91,793台、スズキが91,122台となった。 日本の5つの自動車ブランドを合わせると、インドネシアでの市場シェアは90%近くになります。 一方、インドネシアの現代自動車の昨年の販売台数は3,164台、起亜自動車の販売台数は2,895台でした。

しかし、インドネシアの工場でクレタ島の生産が開始されたとき、状況は逆転しました。 現代自動車は1月から2月にかけてインドネシア市場で3993台を販売し、昨年の年次実績を2ヶ月ぶりに上回った。 ここで、日本の自動車メーカーを比較的上回っている電気自動車市場が見込まれれば、十分な勝利のチャンスが期待されます。 その結果、現代自動車は、インドネシアの工場でIoniq 5などの電気自動車や内燃機関車の生産を開始し、ASEAN地域での販売を拡大する予定です。 インドネシアは、政府が電気自動車関連産業の発展を積極的に推進している国です。 2019年大統領令によると、インドネシアで電気自動車を生産する企業が現地の部品と労働力を使用してローカリゼーション関税の条件を満たす場合、部品の輸入に対する関税の免除や奢侈税(15%)などのメリットを享受できます。 )。

政府が使用する車両も徐々に電気自動車に転換されていきます。

現代自動車グループは、インドネシアの電気自動車追跡戦略を満たし、持続可能なバッテリーセルを提供するために、LGエナジーソリューションズと提携してバッテリーセルプラントを建設しています。 共同工場のバッテリーセルは、現代自動車や起亜自動車の各種電気自動車に搭載され、2024年から生産される。

記者チェ・ジョングン、cjk @ fnnews.com








Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。