福島、セシウムウルク「基準の14倍」…原発障壁の損傷

◀もう一度▶

福島沖で捕獲された群れから、標準の14倍の放射性物質であるセシウムが検出されました。

福島の住民は、彼らが放射線による癌を持っていると主張して集団訴訟を起こした。

その中で、日本政府は汚染水の排出に向けて継続的に準備を進めています。

特派員のコ・ヒョンスンが東京から報告します。

◀レポート▶

相馬沖、福島第一原子力発電所の北約40km。

昨日捕獲された赤魚の深さ約40メートルで別の放射性セシウムが検出されました。

1kgあたり1,400ベクレル、日本食基準の14倍。

福島水産協会は、当日漁獲したウナギ50kgをすべて回収し、出荷を停止しました。

福島の群れでは、昨年の2月と4月に標準以上のセシウムが検出され、前年から900ベクレルが検出されました。

遅ればせながらウロックの出荷を制限していた日本政府は、昨年12月に安全に問題がないとのことで出荷を再開したが、2ヶ月以内に別の「ウロックセシウム」が発売された。

これだけではありません。

17日、地下水の流入を防ぐために原子炉周辺の地盤に設置された「凍結土バリア」の凍結管が損傷し、4トン以上の冷却材が漏えいした。

[마유즈미 토모히코/후쿠시마원전 홍보담당]
「圧力テストでは圧力降下がなかったので、目に見えないレベルで(故障点)の周りに(冷媒)漏れがあったと思います。」

東京電力は、修理は直ちに行われ、遮水機能は損なわれていないと述べたが、過去には、障壁が溶けたり、周辺の帯水層で放射性物質が検出されたりしたという前例があった。

住民への被害はまだ終わっておらず、今日、福島の住民6人が、放射線に被曝した後に甲状腺がんを発症したとして、東京電力を相手取って訴訟を起こした。

小児甲状腺がんは通常、年間100万人に1〜2例発生しますが、福島では293例が発生しています。

[이도 켄이치/갑상선암 피해자 변호인]
「『福島の事故は終わった。』 「福島の事故以来、健康被害者はいない」などの政府の誤った宣伝に騙されないことを願っています。

福島の放射能汚染はまだ続いていますが、日本は来年4月に海洋調査に続いて水中トンネルを建設するなど、汚染された水を海洋に放出する準備を常に行っています。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)/ビデオ編集:イ・ジョンソプ

MBCニュースは24時間あなたの報告を楽しみにしています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。