福島原発事故による放射性物質の損傷はまだ残っている-現代健康新聞


24日、市民放射線監視センターと環境運動連盟は、「2021年の日本の農水産物の放射能汚染に関する報告書の発表」と題した記者会見を開催した。


福島周辺8都道府県のセシウムの検出率は他の地域の4倍です。

福島共同調査の結果、500ベクレル/kgのウルクサセギンが検出されました。

市民放射線監視センター「日本政府は、食品の放射能汚染を原発事故の原因として認識していない」

[현대건강신문=채수정 기자] 福島原発事故から11年が経過し、原発事故の影響は人々に忘れられているものの、放射能汚染や原発事故による被害は依然として続いているとの指摘があります。

24日、市民放射線監視センターと環境運動連盟は、「2021年の日本の農水産物の放射能汚染に関する報告書の発表」と題した記者会見を開催した。

環境運動連盟事務局長のキム・チュンイ氏は、「政府は福島からの水産物の輸入を禁止する措置を講じているが、新政府が3月9日に発足したとしても、この輸入禁止は「新大統領が、この最小限の取り決めさえ解除されたとしても、韓国船を5年間運転する資格がない場合。」彼は輸入措置の必要性を強調した。

同日発表された分析報告書によると、2021年に厚生労働省が日本で実施した食品放射線検査の分析に続き、さまざまな農産物、魚、家畜から放射性物質セシウムが検出されました。

また、日本政府は2021年に農林水産食品の放射性セシウムを41,272回実施したが、2021年の試験件数は2021年や韓国に比べて約3分の1に減少し、輸入禁止を実施している。 水産物の場合、福島を含む近隣8都道府県のセシウムの検出率は他の地域の4倍であることがわかりました。

また、福島漁業協同組合の調査の結果、2021年2月に福島県で漁獲されたウナギから500Bq/kgのセシウムが検出されました。 東京電力が5月に実施した調査の結果、88Bq/kgのマウス魚と4Bq/kgのヒラメのセシウムは約56Bq/kgでした。水産物の安全性は保証されないことがわかりました。

同日、分析報告書を発表した市民放射線監視センターの活動家、チェ・ギョンスク氏は、「福島原発事故から11年が経過しているが、日本食の放射能汚染は続いているが、政府の日本人は認識していない。福島の原発事故による放射能汚染、いや」と彼は批判した。

市民放射線監視センターと環境運動連盟は、日本政府に対し、放射能汚染された水を海に放出する計画の推進をやめ、放射能汚染のさらなる拡大を防ぐために取り組むよう要請した。

さらに、韓国政府と国会は、放射性水を海に投棄することによって海洋生態系を汚染しようとする日本政府に対する積極的な対策を準備し、新政府は日本政府との外交問題を解決する機会としてCPTPPに参加します。、輸入管理措置の取引があってはならないことを強調した。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。