韓国のコーチ「スモールボール」と日本の「ビッグボール」の選択は明らかに異なります

目標は同じですが、そこに到達する方法は異なります。

同じ野球ですが、私たちは別の場所を探しています。 彼らは、狭まっていない両国間のギャップを見ているかのように、異なるアプローチを取っています。

東京オリンピックで金メダルを目指す韓国野球チームと日本の野球チームの物語。


拡大画像を表示

韓国代表チームのコーチであり、日本の稲葉コーチであるキム・ギョンムン(左)は、いくつかの野球場がある東京オリンピックの金メダリストに向かっている。 写真=MKSport DB

韓国代表の金卿文監督は、ピッチでのトレーニング期間中に小さな野球を強調した。 彼はバントトレーニングに多大な努力を払い、オ・ジェイルやキム・ヒョンスのような中長距離のガンプレーヤーに「あなたたちはバントマークも取得できる」と語った。

彼はまた、彼が速いキム・ヘソンをモデレートすることを計画していることをほのめかした。

パク・ミヌが代表チームを辞任したため、二塁手は空席となった。 崔周煥はそこにいるが、相手のギャップを最初に打つためのテーブルセットとして、彼より速いキム・ヘソンを使うことを検討していることを明らかにした。

金卿文監督は太い線の野球を好む。

ただし、国際競争の性質上、この競争の方針は、機会が生じたときに確実に対戦相手に圧力をかけることができる攻撃的な戦術を使用することです。

キム監督は「国際大会では、未知の投手と対戦しなければならないので、多くの得点が得られないかもしれない。

水差しはミツバチの山にも使用されている可能性が非常に高いです。 明確なエースがないので、トーナメントはカットされた野球で迎えられるようです。 キム監督は日本に向けて出発する前に、「頻繁なピッチの変化を利用できる」と言っていた。

日本はその反対です。 私は大物でゲームを決める戦略を思いついた。

稲葉篤紀国際コーチは26日の日本のメディアへのインタビューで、26日の日本のメディアへのインタビューで次のように述べています。つまり、ホームラン…ホームランを打つことができる打者に焦点を当てます。」

決定的な発表ではありませんが、マネージャーの稲葉は一貫して山田哲人(29. Yagurt)を評価ゲームのナンバーワンヒッターとして使用してきました。 大したことがない限り、山田のベストヒッターとしての姿は控えめに言っても計画されている。

彼は一般的な意味でトップヒッターにはほど遠い。 これは、近年、山田の接触能力が大幅に低下しているためです。

今シーズンの山田の打率はわずか0.268。 その基本パーセンテージは少し高いですが、0.367はトップヒッターの数ではありません。

しかし、マネージャーの稲葉は一貫して山田をナンバーワンプレーヤーとして採用してきました。 これは、最初の打者が本塁打を打った相手に課せられた計算として解釈されます。

山田はシーズン前半だけで25本塁打を記録した。 彼のヒット率は0.559です。 以前ほど良くはありませんが、動力工具はまだ生きています。

韓国と日本は金メダルという共通の目標を持っています。 しかし、金メダルへの道は完全に反対です。 重要なのは、野球の韓国カップと日本のビッグボールの結果です。

繊細さを重視する韓国と、何か重要なことを重視する日本。 さまざまなアプローチの結果がどうなるかはまだわかりません。
[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。