韓国の株式市場はどこまで行くのだろうか? KOSPI、今月だけで14%↓

23日、KOSPIとコスダックが2日連続で最低点に急落したとき、ソウル中区にあるハナ銀行本店のトレーディングルームの看板を従業員が通り過ぎた。 この日、KOSPIは前の取引日から28.49ポイント(1.22%)下がった2,314.32で取引を終えました。 良いニュース
国内株式市場は、米国のインフレショックと金利ショックを受けて世界経済の減速への懸念が市場を席巻したため、今月下落した。 世界経済を取り巻く不確実性が続く中、「まだ底を打っていない」という診断が多くあります。


先月末に2700ラインに近かったKOSPI指数は、前日から再び23%下落し、2314.32に​​下落した。 指数は2日間連続で最低水準に達した後、2020年11月2日(2300.16)以来の最低水準を記録しました。 先月の落ち込みは13.8%です。

同日、KOSDAQインデックスも前取引日から4.36%下落し、2日連続で4%の急落を続け、714.38で取引を終えました。 2020年6月15日(693.15)以来の最低水準であり、今月だけでも20%下落しています。

アナリストは、国内株式市場が今月の「発作」レベルに下落した主な要因は、米国からの複合ショックであると考えています。 5月の米国の消費者物価上昇率は、「ピークインフレ理論」を破り、中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)が「巨大な一歩」(基本金利の0.75パーセントポイントの上昇)をとることで市場を揺るがしました。 28年ぶり

景気減速への懸念がすぐに広まる中、米国経済の軟調な上陸に自信を持っている連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長も22日(現地時間)に「景気後退の可能性があり、軟調な(安い)上陸は非常に挑戦。 ” 株式市場は同期していないようです。

外国人は今月初めから前日まで、国内株式市場で53億790億ウォンの株式を売却した。これは今年の売却額の約3分の1に相当する。 株式市場の下降局面で「救助槍」の役割を果たした年金基金も、今月、純約73億ウォンを売り上げた。

良いニュース良いニュース


専門家の間で景気後退の見通しは多いものの、関連する経済指標で確認された段階であるため、指数の方向性は依然として下がっていると言われています。

NHインベストメント&セキュリティーズの投資戦略チームの責任者であるキム・ヨンファン氏は、同日、CBSノカットニュースとの電話で、「トンネルの終わりが見える場合にのみ、株価は積極的に上昇することができる」と述べた。 安値とは思えますが、今は不安や不確実性のなかで株価が下落しているので、これまでのところもう少し下がる可能性があると思います。」

ユージーン・インベストメント・アンド・セキュリティーズの研究者であるホ・ジェファン氏も、「株式市場は下振れリスクの7番目と8番目の尾根を通過したようだが、今は低価格での購入に積極的に取り組む時期ではない」と述べた。

最近の国内株式市場の下落は、アジアの主要市場でも明らかです。 KOspiは今年これまでに20%以上下落しています。 この減少は、日本の日経225(-9.1%)および中国の上海総合(-10.2%)よりも大きかった。 これは有毒な変数に対して脆弱であるという見方はまちまちですが、多くの分析では、単純な比較は難しいと主張しています。

IBK Investment&Securitiesの主任研究員であるジョン・ヨンテク氏は電話で、「中国はインフレと戦うのではなく、経済を刺激することに焦点を合わせている。それは私たちとは少し異なる道をたどっている」と述べた。 一方、専門家によると、アジアの韓国と同様の特徴を持つ台湾ピッチ指数は、今年15.7%下落した。

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。