韓国は「デジタルの可能性」で世界第5位にランクされています…米国、中国、日本が支配的です

📁関連する統計をダウンロードするデジタルポテンシャル指数のランキングJCER2020日本の大手研究所の調査によると、韓国は世界で5番目に高い「デジタルポテンシャル」を持っています。 第4次産業革命とCOVID-19パンデミックによる世界的なサプライチェーンの変化の時代に、それは経済成長に影響を与える「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の主要国として選ばれました。

日本経済新聞(日経)は7日、日本経済研究センター(JCER)が世界84の国と地域で「デジタルポテンシャル」の調査を実施し、韓国が5位にランクされたと報じた。 この調査では、合計16の統計から約20年間のデータを分析して、国および地域ごとのDXの勢いのレベルを決定しました。 平均値は、通信インフラの整備状況、人的資本・研究開発(R&D)、ビジネス環境・規制・ガバナンス、情報技術関連産業(IT)の4項目を0〜100で数値化したものです。

<ⓒBanca immagini Getty>

2010年に8位だった韓国は、今回の世論調査で70.8を記録し、5位に上昇しました。 JCERは、韓国が電子政府を重要な政策として行政サービスのオンライン化を推進していると評価した。 2019年に、彼は、「第5世代」(5G)モバイル通信規格を商品化するために米国と競争するなど、インフラストラクチャの保守に対する予防的対応が必要であると付け加えました。

韓国以外の上位10の国/地域のうち6つはヨーロッパからのものです。 特に、スウェーデンは4つのカテゴリーすべてのトップ10にランクされ、74.9のスコアで総合1位にランクされました。 2017年6月以降のデジタル戦略に基づき、企業や家庭でのデジタル化の推進が効果を上げています。 科学技術、工学、数学教育に焦点を当てたドイツが4位になり、税率を下げることでAppleを含む多くのIT巨人を魅了したアイルランドが7位にランクされました。

シンガポールは総合順位で2位に終わり、アジアで最も高いDXingの可能性を秘めています。 JCERは、高水準の教育と豊富なIT人材により、シンガポールをアジアの金融およびロジスティクスのハブとして優れた評価を与えています。 日本は66.3で16位に終わった。 人的資本、研究開発、ITの分野での競争力が弱まっているため、全体のランキングは2010年に比べて2つ下がっています。

特に、人的資本および研究開発部門のランキングは、2010年の10位から2020年には18位に低下しました。韓国はドイツに次ぐこのカテゴリーで2位にランクされました。 JCERはまた、切手、ファックス、対面ビジネスなど、統計に含まれていない時代遅れの慣習が、日本のDXingを妨げる可能性があることを指摘しました。 さらに、米国は9位(68.3)、中国は41位(55.5)であり、韓国との差が大きい。

ベトナムは、2010年と比較して2020年に最も増加した国(77°→55°)でした。2007年に世界貿易機関(WTO)に加盟して以来、ベトナムは社会主義国として規制と商慣行を改善してきました。 2009年にSamsungElectronicsが現地市場に参入して以来、IT関連の人材や企業の数が増加するにつれて、DXインフラストラクチャが拡張されたと分析されています。

デジタルポテンシャル指数のランキングJCER2020(括弧内は2010年のランキング)

出典:日本経済新聞日本経済研究センター

韓国は「デジタルの可能性」で世界第5位にランクされています...米国、中国、日本が支配的です

ユン・ヒソクpioneer@etnews.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。