韓国人のキム・ヘンジクとソ・チャンフンがヨルダンを破って初予選ラウンドを勝ち取った…今夜日本と戦う[세계팀3쿠션]

画像の説明ドイツのビアソンで開催された「第34回世界チーム3クッション選手権」のグループAの第1ラウンドでは、韓国人のキム・ヘンジクとソ・チャンフンがそれぞれヨルダンのナセル・アワドとメシャオ・アブ・タイを破り、韓国を2位につけた。グループAで。(写真= CinqueとSeiから提供)

2018年以来4年ぶりに3ショック世界選手権優勝を目指す韓国は、初予選で優勝した。

韓国のキム・ヘンジク(全南ビリヤード連盟、世界5位)ソ・チャンフン(シフン市体育協会、32)ドイツのビアソンで開催された「第34回3ピロー世界チーム選手権」のグループA、l ’11 at午前2時(韓国時間)予選1回戦で全南ドラゴンズを2-0で下し、初優勝。 キム・ヘンジクはヨルダンのナセル・アワド(ヨルダン、122回)を40:32(36イニング)で破り、ソ・チャンフンはメシア・アブ・タイ(ヨルダン、42回)を40:25(41イニング)で破った。

どちらの選手も勝ちましたが、試合内容は満足のいくものではありませんでした。 キム・ヘンジクは少し遅く、最初の7-13イニングでアワドを打ったが、31イニングに引きずり込まれた。 しかし、32イニングで4ポイントからスタートし、攻撃は復活し、36イニングで40ポイントを獲得して勝ちました。

試合はうまくいかず、ソ・チャンフンは最初の8イニングのうち7イニングでゴールを決めなかった。 ソ・チャンフンは27イニングで4点を獲得し、25時16分までに得点を広げ始め、41イニングで試合を終えた。

試合後、キム・ヘンジクは「コンディションは悪くなかったが、早い段階で相手がディフェンスに出るのは容易ではなかった。 (2回目)日本との試合は韓国と日本の試合なので、きっと面白いイメージで勝ちます。」

ソ・チャンフンは、「アンカラでの3枕ワールドカップの後、ダニエル・サンチェスと一緒にスペインに移り、試合を改善し、良い状態で出場した。しかし、チーム3の最初の枕コンテストだったので、参加して、とても緊張しました。

韓国と同じグループAに属する日本とギリシャの試合で、日本は2-0で勝利し、2ポイントを獲得しました。 日本の梅田竜二(144位)がコスタンティノス・ココリス(59位)40:20(31イニング)を破り、宮下高尾(145位)がニコス・ポリクロノプロス(22位)40:28(28イニング)を破った。

グループステージで2勝した韓国と日本は、本日(11日)12:00(韓国時間)に2回目のグループステージマッチを行います。

グループBでは、トルコとデンマークの両方が最初の勝利を収め、グループCでは、ベトナムとコロンビアがオランダとフランスを抜いて1位と2位になりました。 特に、ベトナムとオランダの試合では、ベトナムのトラン・クワイエット・チェン(3位)がディック・ジャスパーズ(1位)を40:25(19イニング)で破り、アンカラでの前回のワールドカップ決勝で敗北を喫した。

その日の試合が2試合しか行われなかったグループDでは、ダニエル・サンチェス(4位)とルーベン・レガスピ(29位)が1勝1引き分けで1位になり、エディ・ムクス(6位)とピーター・クランマン(25位)がベルギーに移籍しました。 2位まで。 ドイツとペルーに続いて、それぞれ1勝、1敗、1引き分け、1敗となった。 [김동우 MK빌리어드뉴스 기자]


[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。