韓国空港公社が日本と緊急会議を開き、金浦・羽田線を再開










韓国空港公社が日本と緊急会議を開き、金浦・羽田線を再開

韓国空港公社のユン・ヒョンジュン社長(右から1人目)は、金浦・羽田ルートの本格的な再開に向けた緊急会議を開催し、鈴木久泰(日本空港ビル副社長)との相互協力を図っている。 13日、ソウル江西区本部にある羽田空港。写真=韓国空港公社提供

[파이낸셜뉴스] 韓国空港公社は13日、ユン・ヒョンジュンCEOが、金浦・羽田線の完全再開に向けた緊急会議を開催し、羽田空港の運営者である鈴木久泰副社長との相互協力を発表した。

この日、ユン・ヒョンジュン大統領と鈴木副大統領は、ルートの安定した復旧には、包括的な検疫システムと空港施設の運用のための中断のない準備が必要であるという見解を共有した。 両国は、検疫を緩和するという二国の原則に沿って、継続的な情報共有や共同マーケティングおよびプロモーションなど、さまざまな方法で協力することを約束しています。

ユン大統領は、金浦・羽田線を通じた両国間の対人交流を活性化するために、日本人による飛行の承認など、ルートを開く提案を政府に求めた。 鈴木副社長は、金浦・羽田線の再開を最優先事項として、政府からの提案も含めて積極的に取り組むと述べた。

以前、KACは3月31日、神浦・羽田線の迅速な再開に向けて、高城功日本空港ビル総裁と協力協定について話し合った。 政府の最近の韓日関係の改善と両国間の都市空港である金浦羽田線の再開に伴い、空港当局間の緊密な協力の場が確立された。

ユン・ヒョンジュンCEOは、「韓国と日本の代表的なルートである金浦・羽田線の再開は、停滞した日韓関係の回復の始まりであり、非常に重要である。私たちは、管理するために最善を尽くす。検疫システム」と彼は言った。

金浦・羽田線は、両国の首都であるソウルと東京を結ぶ最速の航空路であり、コロナまでの週168便を利用し、韓国と日本の間のビジネスや旅行者の利用率が高いゴールデンルートです。年間205万人。 コロナ以前は、金浦空港は日本の東京(羽田)と大阪(関西)、中国の上海(虹橋)、北京、台湾(松山)を含む5つの国際線を運航していました。 最近の検疫緩和に伴い、KACは海外の主要空港当局との国際線再開のための中継会議を開催するなどの取り組みを行っています。

kim091@fnnews.comレポーターキム・ヨンクォン








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。