韓国経済日報、「韓国のコングロマリットの賃金上昇率は、EUや日本よりも高い…調整が必要」

親指

分析によると、韓国のコングロマリットの賃金率は、日本や主要な欧州連合(EU)諸国の賃金率よりも大幅に高い。

韓国雇用者連盟(KEI)は24日、これらの詳細を含む「2022年の賃金調整と企業賃金政策に関する経済界からの勧告」を加盟企業に送付したと発表した。

韓国経済日報によると、2002年から2018年までの韓国、日本、欧州連合(EU)の企業規模別の賃金状況を比較すると、韓国のコングロマリットの賃金率は大幅に高かった。

2002年と比較して、韓国のコングロマリットの賃金は2018年に120.7%(2284,000ウォン→5,042,000ウォン)上昇したが、EUの大企業(2593ユーロ→3,562ユーロ)の賃金は37.3%しか上昇しなかったと分析された。 対照的に、483,800円→459,000円)は5.1%減少しました。

韓国の中小企業の賃金上昇率もこの期間に87.6%を記録し、EU(39.1%)や日本(0.8%)よりも高かった。

韓国経済日報によると、韓国の財閥の賃金上昇率が高いため、中小企業(SME)との賃金格差も他国に比べて大きい。

昨年、韓国人労働者の平均月収は389万3000ウォン、300人以上の大企業は568万7000ウォン、10人未満の大企業は2.8万8000ウォンだった。 300人以上の大企業の労働者の賃金が「100」であるとすると、1〜9人の従業員を抱える企業の労働者の賃金はわずか49.4です。

中小企業の賃金水準を計算した結果、大企業の賃金を100とすると、15カ国の平均賃金はEUで75.7、日本で68.3、韓国で59.8と最大の賃金格差となった。韓国。

2002年の大企業と中小企業の賃金格差はEUで74.7、韓国で70.4、日本で64.2であり、韓国でのみ格差が拡大していることを示している。

国別の経済成長率と企業規模別の賃金上昇率を比較すると、韓国のコングロマリットの賃金上昇率は、名目一人当たり国内総生産(GDP)の上昇率よりも高かった。

2002年から2018年にかけて、韓国の名目一人当たりGDP成長率は123.3%であり、比較可能な国の中で最も高かったが、名目GDP成長率に対する大企業の賃金の上昇率も97.9%と第1位であった。 EUでは73.7であり、日本では名目GDPは6.9%増加したものの、大企業の賃金は5.1%減少しました。

勤続年数と産業の賃金格差も韓国の方が他の国よりも大きかった。 韓国での勤続年数が1年未満の従業員の賃金と比較すると、勤続年数が30年を超える従業員の賃金水準は日本(2.27倍)やEU(1,65倍)の2.95倍です。

ペ・テヨン、tybae@スタッフレポーター

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。