韓国-日本逆? スープに酔う時間はありません

日本からの「日本を超える韓国の国力」の理論
ある程度の妥当性はあるが、それでもギャップ
日本の自尊心に夢中にならないでください

「2020年の時点で、OECDによると、日本の賃金の中央値は日本で38,515ドル、韓国で41,960ドルです。国連が発表した電子政府ランキングでは、韓国が2番目、日本は14です。SamsungElectronicsは株式を保有しています。市場資本は4,799億ドル。一方、トヨタは2,444億ドルで36位にランクされています。」

経済学者の野口悠紀夫元財務省官僚で檜田椿大学名誉教授は最近、源大商務省に「日本は20年後に韓国に追い抜かれるだろう。「なぜ嘆かわしいのか」というコラムで指摘されているように。 「」コンテンツ。

彼はさまざまな指標を提示し、韓国が日本よりも繁栄している国になりつつあると評価しました。 彼は続けた。「2020年の時点で、日本の一人当たりGDPは40,146ドルであり、韓国のGDPは31,496ドルであり、日本で最も高い。20年後、日本の一人当たりGDPは2倍の41,143ドルになり、韓国は80,894ドルになる。 「彼は予測した。 彼はまた、日本の内省を促し、アジアのG7代表国(7大国)を日本から韓国に変更すべきだと主張した場合、日本が何を返答するかを嘆いた。終わり。

1990年以来30年間、日本経済が不況に陥っている中、韓国経済の急速な成長により、韓国と日本の間の経済力格差が縮小したことは否定できない現実である。私。 1980年代まで世界経済を支配していた日本が停滞したのは、グローバリゼーションとデジタル化の変化の中でガラパゴス島に閉じ込められ、製造業時代の成長神話に酔いしれて自己革新を怠ったためです。 さらに、少子高齢化による人口構造の変化、天文学的な財政赤字、それに伴う産業競争力の低下が、日本の相対的な衰退を加速させた要因となっています。

一方、韓国は、IMF危機による企業と経済の苦痛なリストラと政治的・社会的改革を通じて、グローバリゼーションと情報革命という困難な課題を克服する可能性を示してきました。 さらに、近年満開となっているK-POP、K-ムービー、K-ドラマなどの大衆文化、芸術、スポーツ分野の競争力は、韓国の世界への飛躍の象徴となっています。 軍事力の構成要素である国防費だけを見ると、韓国と日本は今や同等です。 植民地化と戦争の苦しみによって韓国が大きく成長したことを誇りに思うのは当然のことです。 この意味で 現在、韓国と日本の関係は、過去の垂直的関係から、経済的、軍事的、文化的観点からの水平的関係にシフトしています。なりつつあると言っても過言ではありません。

それで、彼が言ったように、韓国は日本を追い抜くことができるでしょうか? 30年間日本を勉強してきた作家として、誰よりも日本が欲しいのですが、それほど単純ではないと思います。 過去の蓄積を含む株式の概念は、それが注目している流れとして見られる経済指標の背後にあると見なされなければなりません。私。 金持ちが3世代にわたって行ってきたということわざは、国にも当てはまります。

人口は2倍以上、面積は約4倍、日本の経済は韓国の3倍です。 日本の純債務は3兆ドルであり、依然として世界最大であり、韓国の純債務はわずか1,000億ドルです。 日本の外貨準備高は約1.3兆ドル、韓国は4,000億ドルです。 韓国への対外援助額は日本の約1/7です。 技術競争力の基盤となる科学分野のノーベル賞受賞者は、日本からは24名、韓国からはまだ24名です。 だからこそ、野口教授は、内省的な日本批判の比較対象として挙げられた韓国からの褒め言葉に腰を下ろし、感動せざるを得ないのです。

国民大学校日本学部教授、イ・ウォンドク


Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。