香港メディア韓国と日本の企業はIPEFで中国市場をあきらめません

香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は25日、専門家を引用して、「韓国と日本の企業はインド太平洋経済枠組み(IPEF)の下で中国市場をあきらめないだろう」と報告した。

文書によると、韓国と日本が参加したIPEFは、中国を除くサプライチェーンの形成を可能にし、両国が米国と協力する意向を表明したことから、中国内での中国の世界における中心的役割を恐れている。貿易が弱まる可能性があります。

「しかし、韓国と日本企業が巨大な中国市場との関係を維持するための強力なインセンティブが残っている」と彼は述べた。

彼はまた、サムスンが西安で半導体工場を運営し、無錫でSKハイニックスを運営していることを紹介しました。

中国国際貿易経済協力研究所の研究者であるチョウミ氏は、「長期的な成長を重視する企業は、中国市場でのシェアを簡単に放棄することはないだろう」と述べた。

台湾経済研究所のアナリスト、Qiu Shifang氏は、「一部の部品は依然として中国の製造業に依存しているため、中国から完全に独立したサプライチェーンを確立することは難しい」と述べた。

「しかし、短期的には、韓国と日本のメーカーは、インドと東南アジアへの投資を強化することにより、中国への依存を減らした」と彼は述べた。 )中国の戦略を再調整できると述べた。

「サプライチェーンの構成を検討する場合、コストはもはや重要な要素ではなく、地政学、運用の回復力、およびその他のリスク要因です」と彼は付け加えました。

以前、ウォールストリートジャーナルは21日、情報筋を引用して、Appleが中国への依存を減らすためにインドと東南アジアでのiPhoneやその他の製品の契約生産を増やすことを目指していると報じた。

ナティシス投資銀行のアナリスト、ゲイリー・ング氏は、「地政学は方程式のより重要な部分になり、韓国と日本企業はリスクを分散させるために中国国内または中国国外で徐々に生産を増やすことを計画している」と述べた。

「緊張の高まりと地政学的な不確実性の中で、IPEFはサプライチェーンのセキュリティへの現在の傾向を加速するための触媒として機能します」と彼は言いました。

/ユンハプニュース

ⒸHankyung.com、許可されていない転載および再配布は禁止されています

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。