[국제]「米国、韓国、日本と交渉して天然ガスをヨーロッパに送る」


「アメリカとアジアの天然ガス輸入業者とヨーロッパの供給協定」
「米国が接触した国には、韓国、日本、韓国、中国が含まれます」
「EUと亞がスワップ型ガス契約の可能性について話し合う」
「この報告に関して、韓国当局や他の人々からの即時の反応はありません。」



[앵커]米国がウクライナの危機に関連して天然ガスをヨーロッパに送るために韓国と日本と協議したという報告が出てきた。

彼らは、韓国が輸入する天然ガスの量をヨーロッパに転用できるかどうかについて話し合ったと言われている。

特派員のキム・ウォンベがこれを報告している。

[기자]ブルームバーグ筋は、米国とヨーロッパ諸国が、ウクライナで紛争が発生した場合にヨーロッパに燃料を送ることについて話し合うために、アジアの主要な天然ガス輸入業者に連絡したと報告した。

ブルームバーグ氏によると、米国が接触した国には韓国、日本、インド、中国が含まれるが、中国との接触は限られているという。

ヨーロッパは現在、天然ガス需要の約40%をロシアから輸入しています。

ロシアのウクライナ侵攻は、西側がロシアに制裁を課した場合、ロシアがヨーロッパへのガス供給を削減する可能性があるという懸念を引き起こした。

ブルームバーグはまた、EUとEU当局者がアジア諸国との貿易という形で長期ガス契約の可能性について話し合っていると述べたと報告した。

この報告に関連して、韓国、日本、インドの当局はすぐに返答せず、中国当局は休日のために返答を受け取らなかったと述べた。

しかし、インドの国営ガス会社のゲイル氏は、米国の貨物をヨーロッパに販売することが多く、緊急時にプロセスを迅速化できると述べた。

これとは別に、米国はカタール、ナイジェリア、エジプト、リビアなどのガス生産国とも連絡を取り、緊急時に生産量を増やすことができるかどうかについて話し合っているとブルームバーグ氏は述べた。

米国のジョー・バイデン大統領は先月31日、世界最大の液化天然ガス輸出国であるカタールの君主と首脳会談を行い、この問題について話し合ったと報じられている。

しかし、ブルームバーグ氏は、ガス市場は原油とは異なり、埋蔵量が少なく、短期的に大幅な増産ができないという弱点があると説明した。

彼はまた、ヨーロッパのニーズはどの国も満たすことができるレベルではないというカタールエネルギー大臣の発言を紹介しました。

YTNキムウォンベです。

YTNウォンベキム(wbkim@ytn.co.kr)

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNで検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN & YTN plus 무단전재 및 재배포 금지]

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。