[국제]バイデンツアー前のサリバン・ヤン・ジッツの電話…「不拡散などに焦点を当てる」


ジョー・バイデン大統領が韓国と日本を訪問する前に、ホワイトハウス国家安全保障問題担当補佐官のジェイク・サリバンと中国共産党の楊潔煕が米国18日に電話をかけた。

ホワイトハウスはプレスリリースで、双方の間の訴えを発表した後、焦点は地域の安全保障問題と不拡散にあったと述べた。

彼らはまた、ウクライナでのロシアの戦争とともに米中関係に関連する特定の問題について話し合ったと主張した。

ホワイトハウスは、訴えの詳細をさらに説明しなかったが、北朝鮮の核および弾道ミサイル問題は、核不拡散に焦点が当てられているという主張と中国側の状況に照らして議論されたようである。韓国語はい、半島が議論されています。

政治局のメンバーである楊潔煕政治局は米国に、「派閥を巻き込んで分裂と反対に関与しようとする試みは達成できない」と述べた。

来週のバイデン大統領の訪日では、中国のインド太平洋経済の枠組みを立ち上げ、ほぼ同時期に四辺形首脳会談を開催することを目的としていると理解されている。

台湾問題に関して、ヤン・ポリトブロはまた、「台湾問題は米中関係において最も重要で、敏感で、中心的な問題である」と述べた。

「米国が台湾カードを使用することは、間違った道をどんどん進んでいくことによって、状況を危険な場所に連れて行くだろう」と彼は言った。

「米国はしばらくの間中国の内政に干渉しており、中国の利益を害する間違ったことをした」と政治局のメンバーであるヤンは言った。 軌道に乗せなければならない」と述べた。

サリバンと政治局の2人のメンバーは、3月14日にイタリアのローマで会い、ウクライナの危機と北朝鮮の核問題について話し合った。

バイデン大統領が昨年1月に就任して以来、初めてのアジアツアーで韓国と日本を訪問する前日に電話がかけられた。

この訴えの中で、米国側は、バイデンのツアーで議論されるプログラムの一つである北朝鮮の核・ミサイル問題が国際安全保障を脅かす問題であるとして、大国である中国が協力すべきであるという立場を強調したようだ。 。

一方、中国側は、北朝鮮の核問題を解決するための協力は、米国の対中圧力が変化した場合にのみ可能であるとの見解を表明しているが、台湾問題をチェックし、韓国を強化していると解釈されている。 -日本の協力は、Bidenのツアー中に議論されます。

YTNウォンベキム(wbkim@ytn.co.kr)

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNで検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN & YTN plus 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。