[국제]来週、韓国と日本の関係は「ターニングポイント」になるのでしょうか。


[앵커]韓国と日本の首脳は、29日に開かれるNATO首脳会合で初めて会合する。

官民組織の発足もまもなく、両国間の重要な問題である強制動員の問題の解決策を見つけることが期待されている。

これは東京の特派員イ・ギョンアによって報告されました。

[기자]日本の岸田首相は、3月の大統領選挙の2日後に当時選出された尹錫淵に祝辞を述べた。

最初の電話の後、明るい顔でジャーナリストを歓迎した首相は彼の期待を表明した。

[기시다 후미오 / 일본 총리 (지난 3월 11일) : 가능한 빨리 대면으로 만나고 싶다고, 대화하고 싶다고 서로 얘기했습니다. 저도 말했고 윤 당선인도 그랬습니다.]

新政権発足前、岸田首相などの主要人物と会談するために日韓政治諮問グループが訪日し、両国間のコミュニケーションが本格的に始まった。

就任式に出席した後、日本の林外相は首相から直接大統領に手紙を送りました。

寒い雰囲気がゆっくりと消えていくと、自民党内の強硬派が再び声を上げ始め、独島周辺の海事調査に異議を唱えた。

彼は、韓国が強制動員などの問題に具体的な解決策を提供しない限り、ハイレベルの会談を開催すべきではないと述べた。

結局、今月予定されていた朴金外相の訪日は、来月の衆議院選挙に延期された。

29日から始まるNATO首脳会合でも日韓首脳会談が検討されたが、単純な会話のレベルにあるようだ。

日本政府は、今月韓国で発足する予定の官民組織が、強制動員問題の解決についてどのように意見を集めるかを見守っている。

[마쓰노 히로카즈 / 일본 관방장관 (지난 21일) : 한국 국내 움직임 하나하나에 입장을 밝히는 것은 삼가겠습니다. 어쨌든 양국 관계를 건전한 관계로 되돌리기 위해 일본의 일관된 입장에 근거해 한국 측과 긴밀히 의사소통을 해 나갈 것입니다.]

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は「韓国と日本の歴史は友好的に解決されるだろう」と述べ、関係を改善する意欲を示しているが、日本は依然として慎重である。

最近の世論調査では、80%以上の人が「韓国と日本の関係を改善するために歴史的問題についてこれ以上譲歩するべきではない」と述べた。

両国の複雑な関係を解明するためには国民の理解が不可欠であるため、十分な議論とスピードコントロールを求める声があります。

東京のYTNのKyungahLeeです。

YTN Kyungah Lee(kalee@ytn.co.kr)

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNで検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。