[기고]日本産業技術総合研究所(AIST)の起業方針と業績への影響

2001年に設立された産業技術総合研究所(AIST)は、経済産業省傘下の最大の公的研究機関です。 エネルギー/環境、バイオテクノロジー、電子製造、情報/人、材料/化学、地質調査、標準計測センターの7つ​​の研究分野の多様性を最大限に活用することにより、世界をリードする社会問題を解決するために設立されました。 これを通じて、組織の目標は、産業的、社会的、国家的価値につながるイノベーションを生み出すことです。

全国11の研究拠点から約2,975人の研究者と従業員が、日本の産業や社会に役立つ技術を生み出し、商業化し、革新的な技術の種を、革新や国家戦略などを取り巻く環境における変化に基づく商業化に結び付けています。 国家イノベーションシステムのコアでありパイオニアであるという観点から研究開発を行っています。

AISTは「技術から社会へ」をスローガンに、社会問題を解決し、技術を世界に発信し、持続可能な社会を実現するための経済発展を実現するための研究を行っています。

AISTは、最先端の研究成果を社会に迅速に発信するために、他の研究機関に先駆けて2002年に起業政策を開始しました。 2020年に開始されたAISTの第5次中長期計画は、「世界をリードして社会問題を解決し、経済成長と産業の強化に貢献するイノベーションを創出する」という使命を持って、ベンチャーキャピタルのスタートアップを促進および支援し続けています。競争力」。

AISTベンチャー開発センターは、AISTの研究成果を利用する設立から5年以内の企業に「完全に管理された企業」の称号を付与します。 タイトル付きのイニシアチブは5年間サポートされ(最大10年間延長可能)、AISTが所有する知的財産権に対して排他的権利と排他的権利が付与されます。

「総生産ベンチャー」とは、AISTの技術移転を促進するための措置(知的財産支援、施設支援、法律相談など)を実施する規制に準拠してAISTが支援する企業です。 タイプは次のとおりです。まず、AISTの研究結果を使用してプロジェクトを実施し、実装に必要な技術開発システムを備えている会社。 第二に、検索結果を作成して経営・運営に参加する役員・従業員が投資する会社、または検索結果を作成する従業員役員または従業員として設立された、以下の1社以上の合弁会社の一部である会社AISTで検索結果を検索するか、AIST検索結果を使用する必要があります。

「完全経営企業」の定義は、文部科学省が毎年協力して結果調査を発表している「大学主導の企業」の定義とは多少異なります。 日本で最初の「大学主導企業」は、大学の研究成果に基づいた特許や新技術、ビジネス方法の商業化を目的として設立された最初の研究成果イニシアチブです。 威海大学と共同研究を行う設立5年以内の取り組み、3番目の大学技術移転企業は、既存の事業を維持・発展させるために大学から技術移転を受けた設立5年以内の企業です。大学生によって設立された学生。 企業、5番目の関連企業は、大学が資金提供する5つのイニシアチブです。

AISTは、ベンチャースタートアップ資本のパフォーマンスのための知的財産の管理における研究と専門的才能を促進する組織であるベンチャー開発センターと協力して外部組織とのネットワークを活用しながら、商業化フェーズに基づいてサポートを提供します。 スタートアップコーディネーター、スタートアップの専門家、起業家イニシアチブのサポート、ベンチャー企業に関する最新情報の収集と普及、研究者の起業家精神の促進。 AISTは、資金源、関連組織、スタートアップの立ち上げイベント、マッチングイベント、および機関ネットワークを使用した投資システムを通じて、事業拡大の促進と外部資金の誘致の効果をサポートします。 2021年7月1日現在、2021年7月1日現在、AISTの起業実績により、合計151社が「産業経常企業合計」、証券取引所(IPO)1社、22社に指定されました。合併と買収(M&A)を通じて。

日本では、官民が協力してスタートアップエコシステムを構築しており、AISTは、日本政策投資銀行(DBJ)、つくばと同様に、ベンチャースタートアップにつながる新技術の種を生み出している公的研究機関です。スタートアップエコシステムコンソーシアム等 AISTは、いくつかの外部組織と協力して、技術移転におけるベンチャーキャピタルのスタートアップをサポートするために懸命に取り組んでおり、AISTだけではできない管理サポート、資金調達、および人的資源のサポートを提供しています。

日本のAISTの「ベンチャーの定義」は、海外での原産地技術と、研究開発の結果に基づいて特許を取得した技術シードを確保し、国家科学および技術研究協会と韓国科学技術資金による研究機関「イニシアチブ開始方針」を比較して使用する方法を検討する必要があります。

MoonsooPark韓国産業技術研究所主任研究員mspark@kitech.re.kr

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。