[김규식 특파원의 일본열도 통신] 日本の電荷…ソニーも入った

遅れている電気自動車(EV)の学生と呼ばれているトヨタを含む日本の自動車産業は、「脱炭素化」の傾向に対応するために、電気自動車を含む環境に優しい車への投資を加速しています。 昨年12月にトヨタが電気自動車事業計画を発表した後、日本のソニーは最近、電気自動車会社を設立することを決定し、業界への関心を呼び起こしました。 特に、日本の大手エレクトロニクス・エンターテインメント企業であるソニーの動きは、日本の既存自動車メーカーとの競争や協力を通じて、関連産業を活性化する機会となることが期待されています。

トヨタ自動車は2021年12月に電気自動車(電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車など)の事業計画を発表した。この計画では、トヨタは2030年までに8兆円を研究開発と設備投資に投資することを決定した。電気自動車用。 特に、その半分を占める4兆円が電気自動車に投資される。

長期的には、トヨタも電気自動車の販売拡大に積極的に取り組んでいます。 同社は2030年までに年間350万台の電気自動車を販売することを目標としている。昨年5月には2030年までに年間200万台の電気自動車と燃料電池車を販売することを目標としているが、これは大幅に増加している。 今年初の量産電気自動車を販売するトヨタは、2030年までに30台の電気自動車を世界市場に投入する計画です。特に高級ブランドのレクサスの場合、2030年までにすべての新車が米国、ヨーロッパ、中国は電気自動車になります。 2035年には、世界中で販売されるすべての新しいレクサス車が電気自動車になります。 電気自動車事業を強化するため、車両用バッテリーへの投資も拡大します。

トヨタは昨年9月、2030年までにバッテリーに1.5兆円を投資すると発表したが、3ヶ月で2兆円に引き上げられた。 ハイブリッド車などに注力してきたトヨタは、大量生産の電気自動車を販売することができず、「電気自動車の後期学生」をイメージしている。 トヨタは今年、初の量産電気自動車bZX4を販売する予定です。 脱炭素化の議論が本格化している中、システムは米国とヨーロッパで環境に優しい車を普及させるためにそれ自体を再編成しています。 欧州連合(EU)も昨年7月、2035年以降に販売された新車を、運転中に二酸化炭素を排出しない「ゼロエミッション車」に置き換えることで、新車を実質的に排除する計画を発表しました。

画像の説明1月5日にオープンしたCES2022で、ソニーは電気自動車業界の限界を押し広げていると発表しました。

日本の競合他社も、市場の変化に合わせて電気自動車に積極的に投資しています。 日産は昨年11月下旬、長期的な成長戦略により、2026年までに電気自動車に2兆円を投資すると発表した。 このように、2030年までに、既存の自動車モデルの50%以上を電気自動車で使用するという戦略があります。 2030年までに、15台の電気自動車が世界市場で利用可能になる予定です。 ホンダは、2040年までにすべての新車販売を電気自動車または燃料電気自動車にシフトする予定です。日本は、軽自動車の発売を継続する予定です。 三菱自動車は今年初め、日産自動車と共同開発した小型電気自動車を発表し、今春に販売を開始する予定です。 三菱自動車の関係者は、「2022年を小型電気自動車の初年度にする。 この車は、1回の充電で170kmの範囲で、毎日の短距離の旅を対象としています。

一部のアナリストは、バッテリー容量(1回の充電で移動できる距離)を調整することで、価格とコストが削減されると述べています。 政府の購入補助金を考慮すると、この車の実際の購入価格は、日本のメディアの予測によると、200万円から始まります。 他の企業も軽自動車クラスの電気自動車市場での立ち上げが見込まれています。 ホンダは2024年までに、ダイハツとスズキは2025年までに製品をリリースする予定です。ダイハツはトヨタと一緒にバッテリーを購入することでコストを削減する方法も検討しています。 ソニーも日本で電気自動車運動に参加しており、日本や関連業界から大きな注目を集めています。 今年初めにラスベガスで開催された世界最大のITトレードショーであるCES2022で、吉田健一社長は今春、電気自動車事業を担当するソニーモビリティを設立すると発表しました。 彼は次のように説明しました。「繰り返しテストすることで、私たちの技術に貢献できることが示されました。」 ソニーは正式に「大規模な商業化レビューを開始する」立場にあるが、市場はそれを事実上の市場参入宣言として受け入れている。

ソニーは、CES 2022でSUV(スポーツユーティリティビークル)のコンセプトカー「Vision-S02」を発表した。Vision-S02は、出力200kW、重量約2479kgの電動モーターを2台搭載。 ソニーは2年前にCESでセダン電気自動車のコンセプトカーを発表し、路上テストを実施しました。 ソニーの電気自動車のコンセプトカーは、センサー技術などの同社の強みを活かし、音響技術を活用してエンターテインメント機能を強化しているとのこと。 特に電気自動車事業においては、ソニーが強みを持っている「連続充電型」のエンターテインメントやコマーシャルのノウハウの活用方法を検討する必要があります。 吉田社長は「クルマの価値を『機動性』から 『エンターテインメント』に変えていきます」と語った。 ソニーは、電子機器やゲームのほか、ソニーミュージックアンドピクチャーズを通じて音楽や映画などのエンターテインメントにも取り組んでいます。 吉田社長が電気自動車関連のエンターテインメントに重点を置いていることは、この企業構造とノウハウを活用する意図であると解釈されます。

トヨタの秋穂社長が電化製品戦略に関するメディアブリーフィングで講演

画像の説明トヨタの秋穂社長は、昨年12月の「トヨタとレクサス」の電化製品戦略に関するメディアブリーフィングで講演します。

ソニーはまた、請求型の収益モデルを引き続き使用することが期待されています。 吉田社長は「相棒などはリカーリング(連続充電)を採用しており、この方向(電気自動車も)を考えている」と説明した。 採用モデルは、製品を販売および改良するビジネスの形態ですが、利益を上げるために関連するフォローアップサービスおよび製品を提供し続けます。

ソニーの関係者は、「ハードウェアの販売にとどまることはないが、ソフトウェアを通じて自動車を5〜10年間進化させる環境を作る」と説明した。 相棒とゲーム機であるプレイステーションの繰り返しのビジネスモデルにノウハウを蓄積しているので、電気自動車に応用する戦略です。 具体的には、同社が車両を販売するだけでなく、コンテンツや機能を改善するためのソフトウェアアップデートも提供することを意味すると解釈されます。 自動車業界では、自動車の販売で終わる利益モデルを打破することが課題として挙げられており、その結果、ソフトウェアでお金を稼ぐ方法を検討しています。

ソニーはまた、電気自動車業界の他の企業との提携を検討することが期待されています。 2020年から今年初めに発売された電動コンセプトカーは、オーストリアの自動車メーカー、マグナ・シュタイアの支援を受けたことが知られています。 また、ソニーが電気自動車会社の設立を公表したことは、電気自動車業界の有能な人材の関心を引き付け、雇用に結びつけることを意図しているようです。

日本はソニーの電気自動車の商業化を楽しみにしている。 最近の社説で、日本経済新聞は「ソニーの出現は、100年に一度と言われている自動車メーカーの地殻の変化を反映している」と述べた。 市場の活性化と業界基盤の強化につながることを願っています。」

[김규식 특파원]

[본 기사는 매경LUXMEN 제137호 (2022년 2월) 기사입니다]
[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。