[김규식 특파원의 일본열도 통신] 日本は「自信」を失っている…先進国を放棄するという警告音

日本人は経済への信頼を失っています。 世論調査では、日本経済は力強くなく、一人当たりの国内総生産(GDP)がOECD加盟国の平均を下回った後、韓国が戻る可能性があるという期待はますます失望している。 このような低成長が続けば、長期的には先進国から日本が排除される可能性があるという警告もある。

日本経済新聞は昨年11月から12月にかけて18歳以上の男女を対象に日本の国家権力の郵便調査を実施し、最近その結果を発表した。 今回の調査で最も注目されたのは、日本の経済力と技術力の問題でした。 「日本の経済力をどのように評価しているのか」を尋ねたところ、20%が「強い」と答え、昨年の調査から8ポイント下がった。 2018年に回答者の37%が「強い」と回答したことを考慮すると、3年間で17パーセントポイント減少しました。 一方、今回の調査では、43%の回答者が日本の経済力は弱く、前年の調査から11%増加したと回答しています。 景気の減速と長期的な低成長が日本の経済に対する信頼を低下させていると分析されています。

昨年の日本の実質経済成長率はわずか1.7%であり、欧米の回復と歩調を合わせていない。 同時に、日本企業は、韓国や中国に次ぐ、電子機器を含む一部のセクターで競争力を失っているように見えます。

特に日経は、「日本の経済力は強い」と答えた人の割合が最も低下しているのは、50歳の世代であると指摘した。 コロナ19の状況に直面した世代は、バブル経済の前後に就職し、定年前に職場に復帰したとき、約50歳であることが強調されています。 「就業環境が悪化した」と答えた50代の割合は40%で、前世代より5ポイント高かった。 日本経済の原動力の一つと考えられている技術が、かつてほど良くないことに気付く人が増えています。 この調査では、回答者の58%が、日本の技術力をどのように測定するかについて強いと答えており、3年間で17パーセントポイント減少しました。

画像の説明日本の経済力に対する日本人の信頼は急激に低下していることがわかった。

日本人の経済的信頼が弱まる中、日本の経済学者は、長期的な不況に苦しんでいる日本は先進国としての地位を失う可能性があると予測しました。 先進国の統一基準はありませんが、国際通貨基金(IMF)は、一人当たりのGDP、輸出品目の多様性、統合の度合いを十分に考慮して、米国、日本、ドイツ、韓国を含む39か国を先進国に分類しています。グローバル金融システムと

日本は、1975年に高成長を背景に設立された主要7カ国(G7)の創設国となり、国際的に先進国として認められてきたと考えられています。 しかし、1990年代のバブル崩壊に伴う長期的な景気停滞が日本を襲ったことで、経済や産業に変化が起こっています。

エコノミストの野口悠紀夫氏は、一橋大学の名誉教授であり、先進国を離れる可能性について日本に警告した。 野口教授は、日本の一人当たりGDPはOECD加盟国の平均を下回っていると指摘し、「日本は先進国として排除されようとしている」と分析した。

日本は1964年にOECD加盟国となり、それ以来、日本の一人当たりGDPはOECD平均を上回っています。 しかし、1990年代以降、バブル崩壊により低成長が続いたため、状況は変化しました。 2020年のOECD加盟国の一人当たりGDPを1とすると、日本の一人当たりGDPは0.939でした。 2015年には、日本の一人当たりGDPがOECD平均を下回ったケースもありました。 加盟国の一人当たりGDPを1とすると、日本の一人当たりGDPは0.981でした。 しかし、この時でも円安の影響が大きかったため、一時的な現象と考えられました。 この見方の理由は、日本の一人当たりGDPが2016年から2019年に再びOECD平均を上回ったためです。

野口教授は次のように説明した。「2030年までに、日本の一人当たりGDPはOECD平均の約半分になる。日本の衰退に備えて野口教授が注目しているのは韓国の上昇傾向である。1973年、日本の一人当たりGDPは101.3であった。 OECD平均の%、韓国はわずか10.4%でしたが、彼の分析によると、韓国の1人当たりGDPはOECD平均に近いとのことです。野口氏は次のように予測しています。逆転する可能性があります。

野口教授はまた、日本の一人当たりGDPは2019年に韓国のそれから逆転したと述べた。OECDによれば、2019年の日本の従業員一人当たりGDPは韓国の79,500ドルに対して78,293ドルであり、G7の平均会員数は103,338ドルであった。 2013年の日本の一人当たりGDPは78,541ドルでしたが、2019年には6年前の数値には達していませんでした。 これは、デフレが続いたため、日本では賃金が大幅に上昇しなかったためと思われます。 そのため、昨年10月に就任した岸田文雄首相は、主要な経済対策の一つとして「賃金引き上げ」を推進し、企業に賃金引き上げを呼びかけている。

日本のシンクタンクも日本の経済状況の低下を予測しています。 韓国の一人当たり名目GDPは、2027年までに低成長に苦しむ日本を上回ると予測されています。日本経済研究センター(JCER)は最近、15の主要なアジアの国と地域を組み合わせた「アジア経済の中期予測」を発表しました。 2021年から2027年の期間、米国、カナダ、オーストラリアと。 このように、JCERは、2025年までに日本での一人当たり名目GDPは、韓国が6%、台湾が8.4%であるのに対し、年間2%しか成長しないと予測しました。

日本の一人当たりの名目GDPは、2027年に韓国、2028年に台湾から逆転すると予測されています。国際通貨基金(IMF)によると、2020年の日本の名目GDPは39,890ドルで、韓国($ 31,954)、台湾($ 28,054)より42%高い。 1986年の日本の名目GDPは韓国の6.2倍、台湾の4.4倍でした。 日本の一人当たりGDPは、2007年にシンガポール、2014年に香港で逆転しました。OECDの統計によると、為替レートと価格を考慮すると、購入電力の同等性に基づく1人当たりGDPの点で、韓国は2017年に日本を上回りました。

日本が韓国と台湾に逆転した理由は、デジタル化の遅れによる労働生産性の伸びの遅れでした。 2020年から2030年の間に韓国と台湾で労働生産性が向上すると、一人当たりの名目GDPの成長率は4パーセントポイント以上増加しますが、日本では2パーセントポイント未満しか改善されないと日経は述べています。 日経は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功または失敗が作業の生産性の向上に大きな影響を与えるというJCERの見解を引用して、韓国、日本、台湾の状況を比較しました。

[김규식 특파원]

[본 기사는 매경LUXMEN 제139호 (2022년 4월) 기사입니다]
[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。