[김보겸의 일본in]「悪いスポーツ」として扱われるスケートボードの反乱

日本のアニメ 。 カナダ生まれの混合スケートボードの才能であるランガ(左)と勤勉なレキ(右)は、主に彼らの成長の物語を語っています(写真= SK8ウェブサイト)
[이데일리 김보겸 기자] アニメーションがオンになり、東京オリンピックが爆発しました。 東京2020オリンピックでスケートボードがオフィシャルスポーツになり、今年1月にはスケートボードをベースにしたTVアニメ「SK∞(SKエイト)」が放映され注目を集め、日本から男女問わず金メダルを獲得しました。若者の注目を集めるために導入されたスケートボードイベント、日本列島がスケートを始め、私はボードに夢中になっています。

日本では、スケートボードは悪い男の子のスポーツであるという認識が強かった。 それはどこからともなく出てきて、深夜でも大きな音を立て、しばしば手すりやベンチを壊し、スタントをしているように歩行者に衝突します。 韓国では、電気ビート板のユーザーは、いわゆる「ビート板とムースの複合語」と同じように扱われます。

スノーボードに精通しているランガは、スケートボードに足を縛り付けて競い合った(写真= SK 8)

そんな中、今年1月に日本でSK 8が発表され、スケートボードの魅力が浮き彫りになりました。 タイトルは「SkateKimito∞」の略で、スケートボードでの無限の楽しみを意味します。 内海紘子監督がスケートボードを話題にした理由は2つあります。 一つは、それがあなたが楽しむ趣味であるということです。 もともとスノーボードが趣味だった内海監督は、雪の降る場所がなかなか見つからなかったので、友達に勧められたスケートボードの魅力に惚れ込んだそうです。 これは、後述する主人公「ランガ」の設定にも反映されています。 もう一つは、スケートボードを扱ったアニメーションがなかったので、それは戦略的な決定であるということです。

SK8のプロットは次のとおりです。 スポーツ漫画によく登場する主人公のタイプ、勤勉だが才能が(比較的)不足しているレキと、カナダの混合環境で天才的なキャラクターであるランガは、2人の主人公として登場します。 日本の沖縄を舞台にしたこの漫画は、主にスケートボードを独自の方法で楽しみ、お互いの強みを発見して認識し、成長するキャラクターを描いています。 悪役として描かれている相手も、レース終了後に再び主人公を応援している様子で、若々しい成長を遂げる性格を持っています。

深夜、キャラクターは閉鎖された鉱山での極秘の「S」レースに参加します(写真= SK 8)

スケートボードは悪いスポーツであるという認識がドラマにはっきりと示されています。 「ジョー」とレストランのオーナー兼スケートボーダーは、「スケートボードに乗ったり、世界から賞賛を得たりしてお金を稼ぐことではない」と語った。 ゲーム最強のスケートボードを教えた正はもう一杯。 「スケートボードは危険です。 軽傷でも重傷を負ったり、画像が悪くなることがあります。 いじめっ子で乗っているというイメージはまだ残っており、人の目は離れています。 一生懸命トレーニングしても、野球やサッカーのようにお金を稼ぐことはできません。 コミックの誇張を考慮しても、彼の「野蛮で、マイナーで、あなたを惨めにするだけの役に立たないゲーム」のセリフは、日本のスケートボードの状態を示しています。 スケートボードの知覚もレースの設定に反映されているようです。 キャラクターは最高機密の「S」レースに参加します。このレースでは、役員だけが施錠された鉱山に入ることができます。 ファウルと暴力がゲームで許可されており、それが夜にのみ開催されるという事実は、スケートボーダーに暗くて暗い場所にいるような感覚を与えます。

最初のスケートボードを逃したばかりですが、生まれつきの才能で、ランガは次々とレースに勝ちます(写真= SK 8)

しかし、SK 8は、スポーツ漫画のようにスケートボードの魅力について語り続けています。 転校生のランガの圧倒的な才能に挫折したレキは、スケートボードを諦めようとするが、スケートボードのモチーフを改めて覚えている。 練習すればするほど、できることは多くなります。 そして、それはあなたがいつでもどこでもできる楽しいことです。

2歳のときにカナダ人の父親からスノーボードを学んだランガも同じです。 父親が亡くなった後、母親の故郷である沖縄に引っ越しましたが、一年中夏なのでスノーボードはできません。 代わりに、ランガは雪なしで乗ることができるスケートボードを通して成長し、彼を紹介したレキと友達になります。

漫画のおかげでスケートボードの人気が高まっている一方で、東京オリンピックではスケートボードチームについて多くの悪いニュースがありました。 日本はオリンピック史上初めてスケートボードで2つの金メダルを獲得しました。 先月25日に男子ストリート決勝で優勝した堀米雄斗(22)に続き、翌日、西谷もみじ(14)が金メダルを獲得した。

東京オリンピックの女子ストリートスケートボードで西谷もみじが金メダルを獲得(写真提供= AFP)

小学生はすでに日本のスケートボードコースに群がっています。 NHKによると、東京オリンピックのスケートボードアリーナからわずか2kmのところにあるスケートボード教室の小学生は急増しているそうです。 「堀米雄斗大会に恋をした」と言った女の子から、「同い年に金メダルを獲得した西谷は素晴らしい」とオリンピックを目指す男まで。 このスケートボードコースを受講する学生の数は、昨年の同時期から倍増したとNHKは報じた。 堀米雄斗の試合を見てやる気のある16歳の高校生は、「故郷をとても誇りに思っている。堀米のようにスケートをしたい」と語った。

試合の2日前の25日、堀米雄斗が大島小松川公園で撮影した写真をInstagramに投稿した。 この公園は、彼が若い頃に父親に率いられてスケートをすることを学んだ場所です。 スケートボードの解禁(写真=堀米雄斗によるInstagram)

しかし、日本でスケートボードが主流として認められるまでにはまだ長い道のりがあります。 日本の選手が次々と金メダルを獲得しているにもかかわらず、彼らがアリーナから出てきたとき、スケートボードは依然として無礼です。 堀米雄斗が子供の頃に練習していた大島小松川公園でスケートボードが禁止されたことは象徴的です。 住民からの苦情が殺到しているこの場所でスケートボードに乗っていると、警備員が彼を止めに来ると言われています。 東京の10代の若者の間では、スケートボードをする場所がなく、胎盤が搭乗を禁じているという多くの不満があります。

“バスケットボールは好きですか?” 日本を代表するスポーツ漫画「スラムダンク」は、1990年代に野球に追い抜かれ、すぐにサッカーに感銘を受けたバスケットボールの地位を高めました。 バスケットボールに対する芸術家の深い愛情は、これを可能にしたと信じられています。 彼はスケートボードの趣味を漫画に変えたSKエイトの監督と重なっているようで、「彼を見る人々が彼に惹かれるのは、作家が彼の好きなことを話しているときだけだ」と語った。 それまで人気がなかったバスケットボールやスケートボードのオッズを発表したという点でも同様です。 ローグスポーツとして認められているスケートボードのステータスは、東京オリンピックの金メダルとひねりを加えて開催されたSKエイトで変わるのでしょうか。

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。