[네이버 밋업] 「チームネイバーはみんな日本に行く」..vsカカオ










新CEOのSooyeonChoiがNaverMeetup2022を通じてプロジェクトを発表しました

「6つの商社と8つのCICを含むユニークなポートフォリオを持っています」

日本、北米、ヨーロッパの戦略とスポーツ、Webtoon、メタバースに入る

[파이낸셜뉴스] ネイバーは、5年以内に10億人のグローバルユーザーを保証し、売上高が15兆ウォンを超えると発表した。 この点で、今年はチームネイバーのすべての分野が日本で進出します。 以前に日本をグローバル拠点に指定していたカカオとのグローバル競争が予想されます。

ネイバーは13日の朝、2番目のオフィスビル「1784」で開催された「NAVERミートアップ」イベントでこれを発表しました。

[네이버 밋업]    「チームネイバーはみんな日本に行く」..vsカカオ

ネイバー、カカオCI。 各社提供。

特に、今年はチームネイバーのすべての分野が日本で進出します。 Zホールディングスは、韓国の「フラワープロジェクト」を通じて無限の可能性を示したエコシステムモデルを、日本の中小企業の企業エコシステムに移植することを計画しています。 また、B2Bビジネスと、Lineworks、Cloud、Clovaなどのコアテクノロジーの拡大にも注力する予定です。

北米市場では、Team Naverは、世界で最も強力なクリエイター報酬モデルを持つWebトゥーンに焦点を当てたコンテンツビジネスをさらに強化することを計画しています。 Whatpadとともに、グローバルIPバリューチェーンが拡大し、CEOのChoiとCFOのKimは、グローバルなパートナーシップを拡大するための合併や買収を積極的にサポートしています。

Hiveと提携している世界的なファンダムプラットフォームである「Weverse」は、今年、主に米国でサービスを拡大します。

ネイバーは、大規模なグローバルテクノロジー企業とは異なるネイバー独自のエコシステム哲学を具現化したプレミアムテクノロジーを通じて、ヨーロッパ市場でのパートナーシップを強化することを計画しています。 NAVER LABS Europeは、機械学習、コンピュータービジョン、自然言語処理などのグローバルAIテクノロジーにおける競争力を継続的に強化しています。 この技術は、ヨーロッパの主要なインターネット企業とのコラボレーションを可能にするための基盤です。

中小企業のエコシステムとネイバーが開発したコンテンツIPバリューチェーンを構築するノウハウは、ヨーロッパの垂直貿易およびコンテンツビジネスに適用されます。

一方、ネイバーは同じ日に最初に2番目のオフィスビル1784をオープンしました。 1784年(178-4)の住所から始まった第2のオフィスビルプロジェクトの名前は、産業革命の年の意味を利用して、大規模な技術的収束のためのオフィスビルの名前として決定されました1784年。

1784年は、ロボットと互換性のある世界初の建物であり、NAVER LABS、NAVER CLOUD、NAVER WORKS、Clova CIC、GlaceCICなどによってさまざまな技術が研究開発された「TechConvergenceBuilding」です。 、ロボットと人間の共存のための建物とサービスの外観を提示します。

さらに、1784は新しいワークスペースであるだけでなく、ロボット、自動運転、人工知能など、ネイバーが研究および蓄積したこれまでのすべての技術を統合および統合することで、新しいイノベーションを生み出す巨大な技術テストベッドでもあると同社は付け加えました。とクラウド、同社は付け加えた。

崔最高経営責任者(CEO)は、「ネイバーの競争力は、最高の同僚と才能が一緒に挑戦を生み出す 『チームネイバー』で表現されている」と語った。 「タワーではなく、チームネイバーの中心であるネイバーのCEOとして、企業間のつながりと相乗効果を通じて、新たな試みと挑戦を続けていきます」と彼は付け加えました。

特派員ミヒー・キム、elikim @ fnnews.com








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。