[노재팬 끝났나①]日本車、昨年からの「ヨモギ」販売::共感メディアニューシス通信社::



[서울=뉴시스] 記者チェ・ヒジョン=国内市場での日本車の販売は再び増加している。 「NOJapan」ボイコットの影響を受けた日本車ブランドは、グリーンカーの人気のおかげで回復していると分析されています。

ニューシスは22日、韓国国際貿易協会(K-stat)の貿易統計システムを検索し、その結果、韓国の日本からの輸入は合計54,636に達した。

その中で、自動車の輸入総額は95301万ドル(約11億4000万ウォン)。 これは、前年度から7.9%の増加です。

日本製品のボイコットは2019年6月下旬に始まり、翌年の2020年まで、日本の自動車ブランドの販売は低迷しました。 2018年時点で3万台以上を販売したトヨタとレクサスは、ボイコット後の2020年に販売台数を半減(合計15,065台)したが、ホンダは同期間に62%減少した。 日産とインフィニティも韓国市場から撤退した。

その結果、2020年の日本車の輸入額は8億8,329万ドル(約1.53.3兆ウォン)で、28.3%と大幅に減少した。

しかし、最近のグリーンカーの需要拡大に伴い、「ハイブリッド」を搭載した日本車の販売が大幅に伸びています。

韓国輸入自動車協会(KAIDA)などの関連業界によると、昨年、トヨタ、レクサス、ホンダ、マツダ、スズキ、ダイハツを含む韓国で販売された6つの日本車ブランドの登録乗用車の数は20,680台だった。 。(18,236台)。 )13.4%増加しました。 その中で最も売れた日本車ブランドはトヨタ自動車(トヨタレクサス)で、昨年は16,193台(前年比7.5%増)でした。 トヨタとレクサスは、2020年の6,154台から2021年には6441台に、それぞれ4.7%と9.4%増加し、レクサスは2020年の8911台から2021年には9752台に増加した。レクサスの総売上高の70%を占める新型ES300h」。

昨年販売された276,146台の輸入車のうち、93,081台のハイブリッド車(PHEVとプラグインハイブリッド車を含む)が総売上高の33.7%を占めた。 ハイブリッド車の販売率は、2018年に11.6%、2019年に11.3%、2020年に16.9%、2021年に33.7%であり、日本製品のボイコット後も増加を続けている。 彼らは昨年、尿素水危機のためにディーゼル車を避け、ハイブリッド車の需要の増加にも貢献しました。

associate_pic

[서울=뉴시스] レクサス天南牙山エキシビションセンター・サービスセンター(写真=トヨタ自動車提供)※転売・DB禁止

大徳大学の李ホグン教授は、「尿素の問題が多く、 『ディーゼル車回避』の雰囲気がくさびになっている。だからハイブリッド車に注目し始めた」と説明した。

「消費者は電気自動車を買うことに少し消極的ですが、代替車モデルとして、トヨタプリウスのような日本のハイブリッド車は国内市場でより多様化しています」と彼は言いました。 「ハイブリッド車も政府の支援を受けることができます。」 あいまいでした

最近の国内市場での日本車の復活は、半導体の供給不足により、他の自動車メーカーに比べて新車が比較的早く発売されたことに影響を与えたようです。

現代自動車や起亜自動車などの輸入車の出荷には1年以上かかるが、日本の自動車ブランドは約3ヶ月で出荷できることが知られている。

ホンダの関係者は、「半導体に問題があるが、新車は2〜3ヶ月で出荷されるとのことだ。トヨタの関係者も、他社の都合で納車が遅れている」と述べた。半導体の需給不足でしたが、トヨタは3〜4ヶ月で納車しました。」

◎SympathyPressNews dazzling@newsis.com

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。