[뉴스+]なぜ日本は佐渡鉱山を文化遺産に登録することに夢中になっているのですか?

[이데일리 이윤정 기자] この記事は、EdailyのWebサイトで1日前に表示できるeNewsPlusの記事です。

日本は今月初め、韓国などの反対にもかかわらず、佐渡金山をユネスコ世界遺産に登録する申請を行うと発表した。 日本の新潟県にある佐渡金山は、1601年から1989年にかけて操業した日本最大の鉱山であり、日本の植民地時代には韓国人の強制労働の場でした。 ここで動員された韓国人労働者の数は2,000人以上に達すると推定されています。 歴史は暗いが、日本は世界遺産の推薦資料として、佐渡金山後期(1467年〜1590年)から江戸時代(1603年〜1867年)に限定しており、世界最大の金であることが強調されている。生産者であり、世界遺産に登録されているほどです。なぜ日本は佐渡金山を世界遺産に登録することに夢中になっているのでしょうか。

[그래픽 = 이데일리 김일환 기자]

Q)なぜユネスコ佐渡金山リストに夢中になっているのですか?

A)支配的な観察は、日本の法人化を背景に多くの政治的目標が潜んでいるということです。 日本政府が物議を醸している仕事を不当に推し進めているのは、佐渡金山への愛情によるものではなく、自民党と極右軍の政治的必要性によるものと言われています。 現在、日本人はますます右端に傾いています。 これは、昨年10月31日の衆議院選挙で、極右党である極右日本友信鎬が41議席を獲得し、第三者として浮上したことにも反映されている。

岸田文雄内閣は、この傾向に乗って、7月の衆議院選挙に向けて極右に加わることを決定した可能性が高い。 与党の自民党政権は、佐渡金山をユネスコとして登録するのではなく、韓国との歴史的な戦争に焦点を合わせている。 これは、韓国との真の歴史的戦争を通じて極右軍を動員する意図を明確に示しています。

Q)岸田文雄政権が政策を変更したのはなぜですか。

A)岸田内閣は先月まで、佐渡金山の登録申請を延期する意向を表明していた。 しかし、1日突然登録申請が決定され、安倍晋三前首相をはじめとする極右勢力の影響が働いていることが分析された。 安倍首相は先月20日の細田派の会談で、「韓国との話し合いを避けるという形で登録を求めないのは間違いだ」と述べ、再検討を呼びかけた。 正祖隆一大統領も「日本の名誉にかかわる問題」と言って助けてくれた。

これらの圧力が生じた後、上場勧告が高まり始め、共同通信が「日本政府は上場を促進するための最終調整を開始した」と報じた後、内閣の公式決定が下された。 これが、日本が突然の公の場への押し出しの背後に政治的意図があるのではないかという疑いを日本が提起する理由です。

Q)佐渡金山が世界遺産に登録される可能性はどのくらいありますか?

A)現時点では、上場の可能性は高くないはずです。 日本は、2015年の南京大虐殺に関連する資料をユネスコのドキュメンタリー遺産に含めることに抗議し、加盟国の反対があれば碑文を差し控えるという新しいガイドラインを導入するよう強制しました。 このガイドラインのために、韓国の快適資料文書の登録は日本からの反対に会い、失敗しました。 佐渡金山は正反対です。 日本が韓国などからの反対を無視すれば、「二重基準」への批判は避けられない。

Q)登録決定までの残りの手続きは?

A)ユネスコ世界遺産委員会は、国際記念物遺跡会議とサイト(ICOMOS)による予備審査を経て、来年6月か7月頃に佐渡金山を世界遺産に登録するかどうかの最終決定を下す予定です。 )、専門家によるデューデリジェンスを含みます。 世界遺産に採用されるには、世界遺産委員会の少なくとも3分の2にあたる14か国が承認する必要があります。 これは、最終決定が下されるまでに約1年4か月かかることを意味します。

佐渡金山跡の内観(写真=聯合ニュース)。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。