[뉴스분석] 独島のモンニロに対する日本の2番目の輸出制限に関する懸念…自由民主党の対抗措置チームがさらなる制裁について話し合う

慶尚北道鬱陵郡独島 [사진 = 연합뉴스]

与党自民党が金昌龍(キム・チャンリョン)長官の最近の独島警察庁訪問に関連して「行動対応チーム」を設置することでさらなる制裁を行うと発表したため、「第二次輸出制限」に対する懸念が高まっている。

2018年の日本の強制労働に関する最高裁判所の判決で韓国と日本の経済紛争が解決されなかったため、両国間の紛争は長引くと予想される。紛争が激化するにつれ、それが増加する可能性がある2つの国。

25日の朝日新聞によると、自民党内の政治団体である外交委員会と外交委員会が前日に会合を開き、金氏の独島訪問に関連する対策チームを設立することを決定した。 合同会議では、金総書記の独島訪問について「一回の抗議だけでは不十分」という苦情が出されたと報じられた。

対策チームによるレビューが必要な具体的な措置には、国際司法裁判所(ICJ)への苦情の申し立てや追加の経済制裁が含まれます。 外務委員会は、与党自民党の政治調査会(韓国政党政治委員会に相当)の小委員会であり、日本政府の外交政策に影響を与えている。 自民党外交委員会は、林芳正外相が政治的反省に圧力をかける準備ができ次第、関連する提案を提出する予定である。

この措置は、17日にワシントンDCで予定されている韓国、米国、日本の外相の合同会議に出席しないことを発表した後、日本政府が「独島を紛争地帯にする」意図の結果として解釈されます。 2018年10月に強制労働の犠牲者の補償に関する最高裁判所の判決が下され、日本は2019年7月に韓国に輸出制限を導入し、同年8月に外務省を通じて韓国のホワイトリストから除外した。

外務省はまた、1月、茂木敏充外相に対し、国際司法裁判所への訴状の提出、日本の韓国資産の凍結、日本政府の責任を認めたソウル中央地方裁判所の判決後の金融制裁などの対策を検討するよう圧力をかけた。快適さを補う。 女性の犠牲者でさえ

そのため、政府は過去の問題が効果的な経済制裁に変わる可能性も検討しています。 外務省の関係者は、「日本の外務省の動きを引き続き監視している。しかし、独島は明らかに歴史的、地理的、国際法に従って私たちの領土である。日本人の動きについてはコメントしない。党。政治的。」

警察署長の独島訪問に対する日本の強い反対は、政治的意図として解釈されます。 特に、先月4日に選出された岸田文雄首相の初期の日韓関係に強いイメージを示し、ベースラインを抑えようとしているというアナリストもいる。

峨山政策研究所のチェ・ウンミ研究員は、この論文の電話で、「岸田文雄は独島の挑発を政治問題と見なし、厳しい反応を示す可能性がある」と述べた。 それは広がる可能性がある」と述べた。

しかし、崔研究者は「日本政府は独島を国際司法裁判所に連れて行き、独島を紛争地域に変えることができるが、さらなる経済制裁は事件よりも広範な反日抗議につながる可能性があるため、慎重に対応する」と述べた。 2019年の強制労働の」と彼は説明した。

韓日紛争が激化する中、長期的には両国企業間の損失やGDPの損失につながる可能性があります。


©「5つの言語での世界経済の日」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。