[뉴스줌인]日本の起伏の多い地形…「ギャラクシー22」、アップルとの戦い

1桁のシェアを持つクラシック
iPhoneが市場を支配している
さまざまな製品のローカリゼーションと競合する
K-POPスターとのマーケティング

日本は中国とともに、Galaxyスマートフォンが1桁の市場シェアに苦しんでいる「ハードランド」と見なされています。 AppleのiPhoneはスマートフォン市場を支配しています。 海外では、すでに競争から追い出されているソニー、シャープ、富士通、京セラなどのローカルブランドが日本と同様にその地位を維持しています。 サムスン電子が日本のスマートフォン市場で10%のシェアを取り戻すのに10年かかりました。 これは、ブランドのローカリゼーション戦略、世界最大のギャラクシーショーケースストア、第5世代(5G)モバイル通信への先制的な対応、東京オリンピックのマーケティングなど、日本の消費者の心を開くためのサムスン電子の絶え間ない努力の結果です。 。

◇Samsungの代わりにGalaxy

サムスン電子は、携帯電話会社(NTT DoCoMo、KDDI au)からGalaxyS22とGalaxyS22 Ultraを、Amazon eコマースプラットフォームでそれぞれ自給自足(Simpfree)としてGalaxyM23を紹介します。 プレミアムおよびエントリーレベルの製品やさまざまな販売チャネルを含む製品ラインを通じて、消費者との接点を拡大しています。 防弾少年団のような世界的なK-POPスターを使ったマーケティングと様々なプロモーションが同時に行われます。 Galaxy Tab S8 Plusプレミアムタブレットは、Androidエコシステムのさまざまなクリエイティブな取り組みにおいて、日本のクリエイターと協力しています。 サムスンのロゴの代わりに「ギャラクシー」を使用して、ローカライズされたブランディング戦略がすべての製品に適用されました。

2019年に東京にオープンした「ギャラクシー原宿」など、オフラインチャネルでもさまざまな体験型マーケティング活動が計画されています。地上7階、地下1階の合計階段で、ギャラクシーショーケースストアの中で最大規模を誇っています。世界中。 ギャラクシーハラジュクでは、サムスン電子の携帯電話の革新の歴史を一目で確認し、最新のモバイルおよびウェアラブルデバイスを試して購入することができます。

◇中国の携帯電話が強力なiPhone間で戦争を繰り広げる中、競争は激化する

サムスンエレクトロニクスは、東京2020オリンピックなどの大規模なイベントで回復したブランドを基盤として、日本市場で2桁のシェアを維持することを期待しています。 Galaxy S22シリーズを皮切りに、同社はプレミアム5Gスマートフォン市場をターゲットとし、下半期にはGalaxyZFoldやFlipなどの新しい折りたたみ式携帯電話の売上を増やす予定です。 最大の課題は、日本の消費者に非常に好まれているAppleのiPhoneとの市場シェアのギャップです。 一部のオブザーバーは、今年の前半に、AppleのiPhoneがすでに出荷の65%を超えたため、SamsungElectronicsのシェアが再び1桁に落ちたと言います。 新しいギャラクシーS22シリーズのリリースの遅れは、売上に影響を与えたと分析されています。 低中価格帯では、Huawei、Xiaomi、Oppoなどの中国メーカーも次々と日本市場に参入しています。 自給自足に加えて、携帯電話会社とのコラボレーションにより、低価格の5Gスマートフォンを導入する傾向があります。

サムスン電子の日本のスマートフォン市場シェア(出典:MMRI、SAなど)

[뉴스줌인]日本の起伏の多い地形…「ギャラクシー22」、アップルとの戦い

パク・ジョンウン、スタッフレポーターjepark@etnews.com

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。