[뉴스 속의 한국사] ワンフンサが作った百済技術…日本で最初の神殿に伝わったと言われています。

[뉴스 속의 한국사] ワンフンサが作った百済技術…日本で最初の神殿に伝わったと言われています。



入場料:16.12.2021 03:30


百済と日本を彷彿とさせる寺院




①奈良県で最初の日本の神殿、あすかでら。 /ウィキペディア

ソウルの龍山にある国立中央博物館は最近、「百済室」を再編成し、墓や寺院の遺跡から発掘された新しい資料を展示しています。 その中で最も注目に値するのは、夫余の王福寺遺跡で発掘された2つの「チミ」です。 ちみは瓦屋根の尾根の両端に配置された装飾タイルで、鳥のしっぽに似ていることからその名が付けられました。 高さ123cmのワンフンサ寺院のチミは韓国で最も古いと言われています。 チミが発見された夫余のワンフンサ寺院は、日本で最初の飛鳥寺のモデルとしても有名です。 両国の寺院の関係は何ですか?

日本初のタイル張りの家「飛鳥寺」

日本は紀元538年に百済から仏教を採用しました。当初は仏像、経典、僧侶のみが受け入れられましたが、木塔や仏教寺院などの大きな建物は建てられませんでした。 そのため、貴族たちはいくつかの家に仏像を置いていました。 大きな建物を備えた最初の実物大の寺院は、日本に派遣された百済の技術者によって建てられた「飛鳥寺」でした。

日本の歴史書には飛鳥寺の建設過程の比較的詳細な記録があります。 588年、ペクジェのワイドオク王は、役人や僧侶とともに仏陀の遺物を日本に送りました。 「サリー」とは、火葬後の仏陀の大理石の残骸を指します。 この時、僧侶、野番博士、和博士、化学技術者などの技術者が一堂に会したと言われています。 百済では、プロの技術者は「医者」と呼ばれていました。 「サコン」は木造建築技師、「ロバン」は金属職人、「ワドクター」はタイル技師、「化学」は模型や絵画の製作を専門とする技術者です。 彼らのおかげで、日本で最初の神殿が建てられ、日本で最初のタイル張りの家、飛鳥寺が建てられました。

日本の飛鳥文化の起源

百済から日本への仏教の導入は、イデオロギーと教義だけでなく、先進文化の革命的な受容も意味します。 これは、寺院建築には、建築、土木、絵画、金属工芸、タイル製造などのさまざまな高度な技術が含まれているためです。 日本の歴史では、朝鮮半島から受け継がれてきた仏教文化がまばゆいばかりに発達した7世紀を「飛鳥時代」と呼んでいます。

日本の学者たちは、日本に寺院建築技術をもたらした百済仏教文化を研究し、日本の古代史を解明する方法として飛鳥文化の起源を発見しました。 そのため、日本は1935年の扶餐時代の扶餐寺をはじめ、多くの遺跡を発掘しました。当時の発掘調査では、発掘された仏像の形や建物の配置が非常に似ていることがわかりました。日本の飛鳥時代のものに、両国の寺院の類似性を示しています。 しかし、夫余のどの神殿が飛鳥寺と同一であったかは謎のままでした。

ワンフンサ寺院跡で発掘されたサリー・ヨンギの秘密

2007年の秋、扶余国立文化遺産研究所は、落花岩の向かいの山のふもとにある扶余の王福寺の木塔から一連のサリー箱を発掘しました。 百済時代にサリヨンギが完全に発掘されたのは初めての国宝に指定されています。

ゴールド、シルバー、ブロンズのサリーコンテナは、ブロンズのサリーボックスにシルバーのサリーをセットし、その中にゴールドのサリージャーを入れたものです。 それらのすべては、ふたとふたのタップを備えた丸いボディを持っています。 ブロンズサリーヨンギの遺体には「百済の鄭王(チャン王)が亡くなった王子のために寺院を建てた鄭宇の年2月15日、2つのサリーが埋葬されたとき、神のせいで3つの作品があった」と書かれています。チャン王は百済の生涯のウィドク王の名前であり、チョン・ユウの年はウィドク王の24年目(577)に相当します。この文書により、ワンフンサの正確な創設日を知ることができました。寺院とその背景。

中国では、仏陀の遺物は自然に魔法の力を増すと信じられていましたが、百済の人々もそう考えて、2つの遺物が3つに変わったと書いています。 しかし、2007年にサリーコンテナが発掘されたとき、中にはサリーはなく、水だけでした。

ウィドック王によって建てられた王煥寺と飛鳥寺

夫余のワンフンサ寺院が577年に建てられたことが明らかになったとき、ワンフンサ寺院が11年後に建てられたアスカデラの元の源であるという意見が出始めました。 確かに、2つの神殿には多くの類似点があります。

まず、サリーの配置方法は似ています。 両方の寺院で、サリーゴン(サリーを置くために石に作られた穴)のある大きな石が木製の塔の台座の中央の台座に置かれ、石のカバーがその上に置かれました。 この奉献の方法は中国では見られないので、百済で発明され、日本で放送されたようです。 さらに、2つのサリラ花瓶の周りには、同時期に墓で発掘されたものと同様の金、銀、翡翠、ガラスのさまざまな装飾品が見つかりました。 塔はもともと仏陀の墓を象徴していたことから、遺物が保管されていたときに墓のような装飾品が置かれたと考えられています。

瓦屋根を飾ったスマクゲの文様や技法も似ています。 飛鳥寺の窯は2種類の窯で作られ、夫余の王福寺でも同様の模様の窯が2種類見つかりました。 577年にワンフンサ寺院を創設したウィドック王が588年に技術者を日本に派遣したことから、博士は

百済はなぜ寺院建築技術を継承したのですか?

では、なぜ百済はこの寺院建築技術を日本に渡したのでしょうか。 百済が文化的に優れていたため、日本が好意を示したことを理解するのは適切ではありません。 今日のように、国際関係には一方的な寄付がないので、百済が達成したかったことがあったに違いありません。 威徳王は、554年の光山城の戦いで父が亡くなるなどの国家危機に直面し、新羅や高句麗と戦っている状況で、日本の支援と協力が必要でした。 ウィドック王は仏教のイデオロギー体系と寺院建築技術を継承することで日本の協力を得ようとしていました。

[불교 확산에 노력한 백제 위덕왕]

威德王(威德王)は百済の聖王の息子であり、554年から598年までの45年間百済を統治しました。554年、新羅の光山城要塞を襲った戦いで、父の聖王に続いて王位に就きました。 30,000人の兵士が殺されました。 当初、彼は過失により王位を放棄し、僧侶になりたいと思っていましたが、貴族の抵抗のために王位に昇ることを余儀なくされました。

567年に百済で金青銅の香炉が発見された寧山里に神殿を建てるなど、仏教を広めるための努力がなされた。プログラム(諡號)、「証人」は彼の征服を指すと言われている。そして仏教を広く広めた彼の性格。



②国立中央博物館の百済ホールに展示された「ちみ」。 夫余のワンフンサ寺院遺跡から発掘されました。  /国立中央博物館

②国立中央博物館の百済ホールに展示された「ちみ」。 夫余のワンフンサ寺院遺跡から発掘されました。 /国立中央博物館



③夫余の王福寺跡で見つかったサリラ花瓶。 ブロンズのサリハブには、ワンフンサ寺院の創立日を示す碑文があります。  /夫余国立文化遺産研究所

③夫余の王福寺跡で見つかったサリラ花瓶。 ブロンズのサリハブには、ワンフンサ寺院の創立日を示す碑文があります。 /夫余国立文化遺産研究所

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。