[단독] イ・ヘジンとソン・ジョンのAI同盟は数兆ドルを注ぎ込む

日本のネイバーとソフトバンクは、人工知能(AI)を専門とする会社の設立を推進しています。 ネイバーはAIテクノロジーと人材を提供し、ソフトバンクはグローバルな資本とネットワークをサポートしています。 「日韓合弁事業」を専門とする人工知能企業です。 この目的のために、ネイバーはAIを開発する「ClovaIndependent Company(CIC)」のスピンオフを検討しています。

15日の投資銀行(IB)と情報技術(IT)業界によると、ネイバーとソフトバンクは人工知能会社を設立するために交渉している。 ソフトバンクと緊密に連携するため、ネイバーはネイバークローバCICのスピンオフや合弁会社の設立など、さまざまな対策を検討しています。 実際、ネイバーは14日にClovaCICの従業員を対象に開催されたオンラインブリーフィングでこの情報を開示しました。

ソフトバンクグループのソン・ジョンエ社長も、人工知能会社を設立する意欲を示していると報じられている。 これに先立ち、韓国と日本の数人のIT関係者によると、ネイバーの高官は息子大統領と直接会ってAI協力について話し合った。 AIの開発には大胆な投資が必要であるため、ソン大統領が率いるソフトバンクビジョンファンド2は数兆ドルに投資すると推測されています。 投資額は、クーパン(3兆人の勝者)またはヤノジャ(2兆人の勝者)よりも大きいと予想されます。

AI企業の中心であるClovaCICは、Naver AIの研究から計画、開発、運用に至るまで、AIテクノロジーの競争力を強化する組織です。 5月に韓国企業によって最初に発表されたAIの超巨星「Hyperclova」もClovaCICの作品です。 業界関係者は、「ソン・ジョンエ大統領は、クローバを含むネイバーのAI技術を高く評価していることで知られている」と語った。 新人工知能会社は、「人工知能のグローバルな変革(イノベーション)」を支援し、日本や東南アジアなどの海外市場をターゲットとする武器として利用する人工知能技術の開発が期待されています。

また、ネイバーのグローバル投資責任者であるヘジン・ヘジン(GIO)とソン社長の2回目のコラボレーションとしても注目を集めています。 1つ目は、両社の子会社であるラインとヤフージャパンの経営を統合して3月に立ち上げたZホールディングスです。 Zホールディングスが米国と中国の恐竜企業を支配するのであれば、今回はAIのイニシアチブを確保するための「AIアライアンス」として分析されています。 2019年にLineとYahooJapanを統合することを決定したとき、GIOLeeとSon社長は戦略的パートナーとして積極的に支援することに合意したと報告されています。

ネイバーの人工知能、ソバンの資本力…アマゾンやグーグルとの競争

AI企業の共同設立の推進

ネイバーの社内人工知能会社
Clova CICは、スピンオフ後に最近形成されます
急成長する海外市場をターゲットに

Sovain、CoupangとYanoljaの後
何兆ウォンの資本投資が見込まれる

アナリストは、日本のソフトバンクと提携して人工知能(AI)企業を設立するネイバーの取り組みは、海外市場を対象とした待望のビジネスと密接に関連していると述べています。 創設者兼グローバル投資責任者(GIO)のイ・ヘジンは、今年、ネイバーのグローバル展開の最初の年を宣言しました。 このGIOは、3月にネイバーのグローバルチャレンジ戦略を従業員に説明し、ネイバーとソフトバンクの子会社であるラインとヤフージャパンを統合して立ち上げたZホールディングスを紹介し、ソフトバンクのベストパートナーを獲得したと指摘した。 。 彼は、「世界的な挑戦は難しいことを知っているが、今年は素晴らしい機会が訪れた。私の心は速く鼓動している」と語った。

それ以来、ネイバーとソフトバンクはAI分野に注目し、さまざまな事業分野で協力してきました。 AIでは、米国のGoogle、Amazon、Facebook、Apple(GAFA)と中国のBaidu、Alibaba、Tencent(BAT)などの大手ハイテク企業の間で支配権争いが激しくなっています。 ネイバーAIの技術と開発者、ソフトバンクの資本とグローバルネットワークなどの両社の強みを活かして専門AI企業を構築すれば、積極的なAI開発が市場を加速させることが期待されます。日本や東南アジアなどの海外。 ネイバーのAIを開発しているClovaCIC(社内独立企業)は、スピンオフや合弁会社の設立を真剣に検討している背景です。

Clova CICは、Naverが管理する8つのCICの1つです。 ネイバーが2017年にスペインのバルセロナで開催された世界最大のモバイルフェアであるモバイルワールドコングレス(MWC)で人工知能プラットフォーム「Clova」を発表したときに設立された組織として始まりました。そして昨年、生まれ変わりました。 ClovaCICとして。 原則として、ネイバーは、CICが市場で単独で生き残ることができると判断した場合、スピンオフを追求します。

業界は、ClovaCICがSoftBankなどからどれだけの投資を引き付けるかが重要であると考えています。 Clova CICが独立してSoftbankと提携した場合、NaverWebtoonとNaverFinancialに続く3番目のスピンオフになります。

Clova CICは、ネイバーのAIテクノロジーの研究開発において重要な役割を果たしています。 音声認識(Speech)、音声合成(Speech)、光学文字読み取り(OCR)、視覚(画像認識)、機械学習(ML)、自然言語処理(NLP)などの高度な人工知能技術の開発が適用されます

5月には、「Hyperclova」AIスーパージャイアントを導入して販売した最初の国内企業でした。 また、世界クラスのAI研究機能も備えています。 Clova CIC人工知能研究所は、ソウル国立大学、KAIST、ドイツのチュービンゲン大学、ハノイ工科大学など、韓国、ヨーロッパ、東南アジアの世界クラスの人工知能研究大学と共同研究を行っています。ベトナムの郵便通信大学。 今年、世界AI協会だけで約60の記事が公開されています。 韓国と日本の数人のIT関係者は、「Clova CICは、人工知能の分野でGoogle、Amazon、Facebookなどの米国の大手テクノロジー企業と競争できる韓国でほぼ唯一の組織です」と述べています。 ソフトバンクのソン・ジョンイ会長は、Zホールディングスを支配するAホールディングスの保有体制を構築するにあたり、ネイバーの技術力を認めたと言われており、ネイバーとソフトバンクはその半分を共有している。

最近のAIの市場の流れも、ClovaCICの変化に影響を与えていると分析されています。 これまでAIは「お金を食べるカバ」でしたが、「金の卵を産むガチョウ」として扱われる時代はそう遠くないということです。 実際、九段囲碁の李世ドルを演じる「AlphaGo」AIを開発したDeepMindは、2014年にGoogleに買収され、今年初の利益を上げて以来、毎年損失を被っています。 テスラの創設者であるイーロンマスクによって設立された人工知能ラボであるOpenAIのAIの巨人GPT-3も、損益分岐点を通過しました。

業界関係者は、「Clova CICの独立性は、CICを成長させることによってグローバルな成長エンジンを強化するというNaverの戦略に沿ったものです。それは現実かもしれません」と述べました。

新しい人工知能会社は、「AIの変革(革新)」を支援する人工知能技術とソリューションの開発が期待されています。 Naverには現在約700人のClovaCIC従業員がいますが、Naverは将来、米国、ヨーロッパ、インドで専門的な労働力を確保することにより、最大5,000人まで規模を拡大する予定であると報告されています。 業界関係者は、「クローバCICだけでも、ソフトバンクを背にした人工知能企業を立ち上げるチャンスだとすれば、米国や中国の大手ハイテク企業の競争相手になる可能性がある」と語った。

[도쿄 = 김규식 특파원 / 서울 = 임영신 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。