[단독] 東京オリンピック後、相棒ビジネスは韓国と日本の起業家のための交渉に従います

許昌秀(フ・チャンス)大統領(左)と相星孝一新駐韓日本大使がソウル市陽堂のFKIホールで日本大使招待の商談会を開いた後、記念写真を撮る。 [사진 = 전국경제인연합회 제공]

相星孝一駐日日本大使は、1月から一時停止している韓国と日本の起業家のためのビジネストラックの紹介について、「東京オリンピック後、(ビジネストラック)トラックを推進する」と述べた。可能性がある」と述べた。

日本の韓国への輸出制限は27周年の2周年を迎えるため、日韓貿易の道が再開されれば、二国間関係の改善の余地が期待される。 2019年の初め、日本は過去の問題に起因する韓国との紛争のために、韓国の材料、部品、設備、いわゆる「大臣」に輸出制限を課しました。

相星大使は25日、済州市西帰浦市平園面のヘビチホテル&リゾートで開催された「第16回済州フォーラム」で記者団に会い、「起業家の難しさは知っているが、難しいだろう。東京オリンピック前の商業ルー​​ト」。

「最近、デルタ変異ウイルスの数も増加している」と彼は付け加えた。

国内のビジネスマンは、企業追跡システムを使用して、日本の招待企業が作成したコミットメントと行動計画を日本大使館または韓国総領事館に提出することで、簡単にビザを取得できます。 以前、日本政府は1月の非常事態宣言を受けて、韓国や中国との貿易関係を一時的に停止していた。

日韓貿易の道筋が回復すれば、日本が輸出制限を解除する扉が開かれることも期待されている。 日本の輸出規制により縮小した日本との貿易赤字は再び拡大しており、両国の関係改善が急務であるとの指摘もある。

日本は韓国との貿易赤字が最大であり、2004年以来、韓国は日本との貿易で年間200〜300億ドルの赤字を抱えています。

日韓関係は、輸出規制と2019年の日本製品のボイコットにより、16年間で最低レベル(192億ドル)を記録しました。これは、1965年の外交関係の正常化以来最悪でした。209億ドルに増加しました。

しかし、韓国に対する日本の輸出制限期間中に韓国の日本への依存度が低下したため、サプライチェーンは安定したと推定されます。 韓国国際貿易協会によると、輸出規制対象の上位3品目の1つである極紫外線フォトレジスター(EUV)の輸入割合は、2019年1月〜5月(91.9%)に比べて85.2%でした。制限が適用され、%ポイント減少しました。


©「5つの言語での世界経済の日」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。